5月に入り、新緑が美しく清清しい時季となりました。しかし、あっという間にじめじめとした梅雨が到来しますよね。どんより曇り空が続き、どこか気分が落ち込みがちになってしまいがちになるとき。しかし、梅雨が過ぎればこんどは太陽がジリジリ照らす暑い夏が待っています!

体力温存のためにも、梅雨の時季に元気に過ごすためにも、睡眠でしっかりとエネルギーを充電したいところ。とはいえ、梅雨の時季ならではの不快感が快眠を妨げることも事実です。そこで、不快感を最大限に減らして快適な眠りを得るために、梅雨の時季におすすめのしたい寝具を3つご紹介しましょう!

梅雨のおすすめアイテム1「部屋干し対応寝具カバー」

カバーは落ち着いた色のものを選ぶのがベターですよ!

カバーは落ち着いた色のものを選ぶのがベターですよ!

梅雨の時季はなかなか外干しが出来ないのが悩み。乾燥機や浴室乾燥は電気代がかかるし、かといって、お部屋の中に干すと嫌な部屋干しの臭いが気になってしまうということ、ありますよね?

そこで、掛け布団やシーツ、枕カバーなどには、速乾性や抗菌性に優れ、部屋干しの嫌な臭いを抑えてくれるような加工が施された「部屋干し専用」のものを使うのがおすすめです!これなら天候に左右されることもなく、また臭いの不快感を感じることもなく、安心してお洗濯できますよ。

梅雨のおすすめアイテム2「肌掛けふとん」

心地よい肌触りは快眠時のリラックスにとても有効です。

心地よい肌触りは快眠時のリラックスにとても有効です。

この時季の特徴といえば、「不安定な気温」です。暑いと感じる日もあれば、まだ少し肌寒いと感じる夜もありますね。就寝中は体温が下がりますから、ふとんが調整できないと風邪をひいてしまう危険性も。羽毛やガーゼなどの肌掛けを数枚準備して、気温に合わせて使うようにすると便利です。

また、梅雨は湿度が上がりダニの繁殖なども気になるところなので、こういったものを通さない清潔感が保たれるもの、さらに湿気を逃して蒸れを抑える透湿性のあるものを選びましょう。

梅雨のおすすめアイテム3「そばがらまくら」

ピローミストなどを使って爽やかな香りを保ちましょう!

ピローミストなどを使って爽やかな香りを保ちましょう!

枕の中素材は、基本的には個人のお好みで選んでいただいて良いのですが、梅雨時季にとてもおすすめなのが、昔ながらの「そばがら」を使った枕です。この時季はとにかく多湿環境になりやすく、そうなると心配になるのがダニやカビの発生ですよね!就寝時は心も体も休息していて無防備な状態なので、寝具周辺はとにかく衛生的に保ちたいところ。

特に、枕に関しては顔に最も近いところにあるアイテムなので、なにを使うかはとても重要だといえます。そばがらは通気性や吸湿性に優れていて、多湿環境下でもいい状態をキープしてくれ、梅雨時季の枕中素材としてはピッタリです。

しかし、寝返りをうつたびに音が気になるという方、アレルギーをお持ちの方にはおすすめは出来ません。その場合、パイプも通気性に優れ、丸洗いできるのでおすすめですよ!

日本にははっきりとした4つの四季と梅雨の時季があるので、その時季、その時季に合わせて寝具を衣替えするとぐっすり快眠を得ることができます。いつでも心身共に「快適!」と思える空間をつくっていくことで、快眠が約束されますよ!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。