ある朝、子どもたちと鶏小屋(といっても広いです)を見ていると、農園の主の方が手招きで子どもを連れていき、生みたての卵をひとつ手に乗せてくれました。
「あったか~い!」と驚く子どもたち

「あったか~い!」と驚く子どもたち

アパートメントに戻り、さっそく目玉焼きを作りました。こんな体験ができるのも、アグリツーリズモならでは。
さっそくいただいてしまいました!

さっそくいただいてしまいました!

大人にもうれしいことがたくさん。この農園では赤と白、両方のワインを造っていて、空き瓶をもっていくと、タンクから直接なみなみと注いでくださいます。

とびきりおいしくて、そして不思議なほど酔っぱらわないワインでした。私たちが出かけたのは2月ですが、時期が合えばブドウやオリーブの収穫やワインづくりも見ることができると思います。


庭で虫を追いかけ、犬と戯れる一日

私たちは車を持たずにバスで現地へ行ったので、基本的には1週間まるまるどこへもいかずに敷地内で過ごしました。
農園の犬たちが、子守をしてくれました

農園の犬たちが、子守をしてくれました

朝起きて犬(敷地内に4頭いました)と一緒に庭を散歩し、鶏小屋を覗いて、馬に挨拶に行き、キッチンで朝ごはんを作って食べて、子どもたちはすぐにまた外へ出かけて、トカゲや虫を追いかけて、犬と戯れて。
晴れた日は庭先でランチ

晴れた日は庭先でランチ

なお、敷地内にWifiがつながっているため、パソコンを持ち込めば仕事をすることもできます。

車がないので買い物には少し不便で、片道約30分かけて歩いて、近くの「メルカターレ」まで2~3日に一度、買い出しに行っていました。遠くて大変ですが、さすがトスカーナ!という素晴らしい食材が山のように、しかも、驚くほど安価に売っているため、買い物も楽しみのひとつ。

プロシュート(生ハム)はもちろん、フレッシュなチーズや黒いパン、手作りのトマトソースやヨーグルトと、おすすめの食べ物がたくさんあります。徒歩での買い物が面倒な方は、国際免許証を準備し、フィレンツェなどでレンタカーを借りれば足の不便が解消されますし、食材をたくさん買い込むことができます!
メルカターレの食材店のおじさん。“日本人はめずらしい”といって、いろいろおススメしてくれました

メルカターレの食材店のおじさん。“日本人はめずらしい”といって、いろいろおススメしてくれました 
 

アグリツーリズモは、どこで探す?どう予約する?

子どもにも大人にも素敵なアグリツーリズモですが、いったいどこで予約すればいいの?と思いますよね。旅行代理店経由での予約も可能ですが、おすすめはAirbnb(https://www.airbnb.jp/)。

トスカーナに限らず、あちこちの農園宿泊物件を見つけることができます。キッチンや洗濯機ありの物件を選べば、長期の子連れ滞在でも大丈夫。しかも、一般的なホテルに家族4人で宿泊するより、かなり安価に滞在できると思います。

今回、我が家がお世話になったのはこちらのアパートメントですが、こちらは1週間の滞在で、1泊あたり約16,000円~(4名分合計)。ホテルで言えばスイートクラスの広さの部屋どころか、1軒をまるごと貸し切りと考えると、とてもお得ですよね。
Airbnbからなら、予約もウェブで簡単!

Airbnbからなら、予約もウェブで簡単!

Airbnb(https://www.airbnb.jp/)ってなに?という方には、こちらの動画がおすすめ。
使い方などが詳しく紹介されています。
>> https://www.youtube.com/watch?v=lABVK2lynmM

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。