Perl で QRコードを描く方法を紹介します。

QRコードとは?

QRコードとは、スマートフォンなどのカメラ付携帯端末で読み取れる格子柄の図の事です。名前は知らなくても、多分どこかで見た事がありますよね? 読み取りには専用のソフトウェアが必要ですが、QRコードを使うと、正方形の画像の中にURLなどの文字情報を埋め込んでおけます。読み取りソフトウェアは、読み込んだ情報によって「URLを開く」「メールを送信」などの操作がワンクリックで行えるようになっているのが一般的です。もちろん「好きです」などのメッセージだけを埋め込む事もできます。

なお、QRコードを開発したのは日本の会社、株式会社デンソーウェーブです。デンソーウェーブ社によるQRコードの公式サイトは以下のURLでアクセスできます。
http://www.qrcode.com/

QRコード用のCPANモジュール

CPANモジュールとは、Perlのブログラムのプラグインのようなものでしたね

Perl で QR コードを生成するためには、CPANモジュール Imager::QRCode が公開されていますのでこれを使います。生成できるQRコードをはどのツールを使っても同じですが、Perl を使えば Web サービスと結びつけたり、大量の QR コードを一気に生成して例えばイベント入場券の配付などを行う事も可能です。

Imager::QRCode 解説ページ
http://search.cpan.org/~kurihara/Imager-QRCode-0.034/

インストール方法は以下の記事を参照して下さい。
「Perlの宝、CPANモジュールの使い方」

次は:QRコード生成サンプルプログラム