ネットオークションというと、「プチ稼ぎ」というイメージが強いようです。「プチ」というのがどの程度なのかという問題もありますが、私は月3万円がひとつの目安だと考えています。理由は、月3万円あれば、今よりもワンランク上の生活ができるからです。食費にせよ光熱費にせよ、レジャー費にせよ、あと3万円あれば余裕が出てくるはずです。つまりプチ稼ぎというのは、今の収入に少しプラスするというイメージなわけです。

ネットオークションなら隙間時間にできる

空いた時間を有効活用できるのも、ネットオークションのいいところ

空いた時間を有効活用できるのも、ネットオークションのいいところ

加えて、月3万円であればじゅうぶんに稼げる金額だと思います。あくまで私のフィールドで話をすると、ネットオークションを使えば隙間時間を有効活用できます。私がオークションを始めたころはパソコンを使うのが主流だったので、家にいるのが前提でした。でも今は、タブレットやスマホがあるので、家にいる必要はありません。もちろん写真撮影は自宅ですると思いますが、出品作業はどこにいてもできるのです。通勤中でも待ち時間でも、ちょっとした隙間時間を使えます。なので、オークションのために、わざわざ何時間も時間を割くという感覚ではないということです。

勝手に24時間営業してくれる

ネットオークションのいいところは、一度出品の手続きをすれば勝手に24時間営業をしてくれる点です。店番も必要ないので、他の時間は仕事や家事、育児などができるわけです。実際に、私がオークションを始めたときには子供が2歳だったので、何かと手がかかる時期でした。それでも出品を続けることができたのは、空いた時間にできることと、一度出品すればあとは放置できたからだと思います。

マイルールを作れる

ネットオークションのサイトではそれぞれガイドラインがあって、それを守るのは大前提です。でも、その他の細かいルールは自分で作ることができます。たとえば、「連絡は夜しかできません」「発送は週末だけです」などです。そのため、自分の生活を乱すことなく参加ができるというわけです。

私の場合は、週に2回しか発送しません。火曜日と金曜日です。よく利用するスーパーで特売があって、そのついでに郵便局などに行くからです。最初からオークションの商品説明の欄に書いておけば、発送が遅いなどのクレームはありません。