定番アイテムこそ、贈り手のセンスや流行をプラスして

今のお父さんは、昔のお父さんよりも20歳も10歳も若いイメージや感覚を持たれています。実際に見た目も若々しく、いわゆる父親像という一般的なステレオタイプも変わって来ていて、団塊世代以降一つの像には集約できないほど多様化しています。

それでも、父の日の贈り物というと、やはりステーショナリーや身につけて携帯するような小物雑貨類は定番ものが選ばれています。定番ゆえ、やはり無難なところで落ち着くアイテムなのでしょうが、そこにプラスαしたいのは贈り手のセンスや今らしさみたいなもの。素材やデザインの新しさも加味して選びたいですね。自分で選んだと思われると格好良すぎてテレちゃって持てない、というような方もまだまだ多いので、「もらったんだよ」という理由ができるとお父さんの気持ちを後押しできて、良いギフトになりますね。 


イタリア職人が手がける、デザインも機能性も抜群のペンケース

ペンケースundefinedロゴシリーズundefinedレッド・オレンジ・ブラウン・ブラック・ブルー全5色undefined各3780円(税込)※オロビアンコ専用巾着袋つき

ペンケース ロゴシリーズ レッド・オレンジ・ブラウン・ブラック・ブルー全5色 各3780円(税込)※オロビアンコ専用巾着袋つき


このくらいお洒落なペンケースを持って欲しいという思いで選んだのは、ニューヨークの有名セレクトショップでも人気のOROBIANCO(オロビアンコ)。オロビアンコは意外にも1996年に設立されたばかりのイタリア・ミラノの新進ファクトリーバッグブランド。「貴重なもの」という意味を込めたそのブランド名に相応しく、素材や縫製、デザインなど、細部にまでイタリア職人の心意気が感じられる商品の仕上がりには定評があります。バッグブランドには珍しく素材やパーツまでオリジナルで製作しており、その物作りに対する情熱とこだわりは、すべてのアイテムに息づいています。

使い込むほどに手に馴染むクロコ型押しの牛革と、エルメス、プラダなどの有名ブランドにも供給している独特の美しい艶と耐久性を誇るリモンタ社製ナイロンが特徴です。一見スリムですが、通常サイズのペンなら8~10本程度まで入り、ケースもやや長めであるため消しゴムや定規も入れやすくなっています。

“Made in Italy”のコンセプトのもと、厳選された上質な素材とイタリアの職人技術によるクラフトマンシップあふれる物作りで今や世界中のお洒落ビジネスマン必携の定番ブランドとなったオロビアンコ。スーツにも似合う上質なデザインと趣き、大人の高級感溢れるこのペンケースを、ぜひあなたのお父様にも、どうぞ。

世界の筆記具ペンハウス/オロビアンコ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。