収入が1万円減ったと考え、1万円先取り貯蓄

「貯蓄がなかなか増えない……」と悩んでる方でも確実に貯蓄を増やす方法とは?
 
お金が貯まらない人に有効な1万円先取り貯金

お金が貯まらない人に有効な1万円先取り貯金


答えは簡単です。まずは、1万円を先取り貯蓄しましょう。すでに毎月先取り貯蓄をしている方は、1万円増額します。そして残ったお金で生活しましょう。貯まらない……と悩む前に貯蓄に回してしまうのです。

「1万円を貯蓄に回してしまったら生活できないかもしれない……」と悩む前に、収入が1万円減ったと割り切って考え、さっさと貯蓄に回します。給料が振り込まれる口座は通常、住居費や光熱費等の引落し先とされており、生活費のお金の保管場所です。生活費からざっくり1万円を貯蓄に回すことで、残ったお金で生活する習慣を強制的に作っていきましょう。

預け先は色々あります。

・預貯金や定期預金、財形貯蓄(勤務先が制度を導入していれば)等
・積立型の投資信託


毎月1万円の貯蓄ができるようになるだけで、年間12万円、5年で60万円。2万円なら年間24万円、5年で120万円。毎月2万円貯めるだけで、軽自動車ならローンを組まずに買うことができます。

少しずつ貯蓄額を増やせるように、収入が増えてもその分貯蓄に回し、生活費や生活レベルを上げないようにするのがコツです。
 

貯めたお金を使うには勇気がいる

先取り貯蓄をしていても、ついつい貯蓄を使ってしまうことはあります。それでも、貯めているお金を切り崩す時、人は罪悪感を抱くものです。人はお金が貯まると使うのがもったいないと思いがちだからです。罪悪感やもったいないと思えば必要以上に貯蓄を切り崩すことはしないものです。

貯蓄を切り崩しにくくするために、手間やリスクをあえて持つのも良い方法です。

・貯蓄用の口座はキャッシュカードは作らない
・途中解約で元本割れをする金融商品を活用する


流動性の高い預貯金では、キャッシュカードを作らないことで簡単に引き出すことを防止し、使い勝手の悪い保険や投資信託で確実に貯めていく(ただし、投資信託は元本割れすることもある)。

このように分散してたくさん貯まる場所を持ち、簡単には使いにくい状況に持っていくことがポイントです。
 

生活費の口座には余裕を持たせないことで無駄遣いを防ぐ

私も色んな所にお金を貯めています。もちろん先取り貯蓄です。大好きな旅行費用や、思わぬ入院費用などで、貯蓄を切り崩すことはありますが、必要以上に切り崩すことはありません。しかし、生活費の口座に入れたままにしていると、私の性格上、使ってしまうと思います。

残高に余裕があるからと気が緩み、家事を手抜きし外食が増えるでしょう。しかし残高に余裕がなければ、それなりの生活しかしません。毎日の生活費は基本的に質素でいいのです。その代わり、大好きな旅行や本、自分のスキルを磨くこと、家族の幸せや大切な人との人間関係にはお金を使っていく。これが私のポリシーです。このポリシーを大切にするためにも、生活費の残高に余裕は作らないと決めています。

毎年の昇給の度に生活水準を上げていては、お金は残りません。「少ないお金で生活費は賄う」と決めるからこそ、どうしたら食費や水道光熱費の無駄を省くことができるのか?と頭をひねり、知恵が沸き、節約力が身に付くのです。貯まらない……と悩むのではなく、1万円先取り貯蓄を始めましょう。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。