ソフトバンクカードの使い方のポイント

ソフトバンクカードとは

ソフトバンクカードとは

2014年3月6日、ソフトバンクモバイル利用者に向けてVisaブランドのプリペイドカード「ソフトバンクカード」が発行されました。Visaマークがついていますがクレジットカードではありません。事前にチャージし、その金額の範囲内でVisa加盟店で利用できるという仕組みです。

この仕組、どこかで聞いたことありませんか? 2014年に登場した「au WALLETカード」と全く同じ仕組です。MasterCardマークが付いていて、事前にチャージした金額の範囲内で買い物ができる「電子マネー」が「au WALLETカード」でした。

つまり、「au WALLETカード」と「ソフトバンクカード」はauかソフトバンクモバイルかの違い、MasterCardブランドかVisaブランドかの違いとなります。

貯まるポイントは?

ソフトバンクカードとau WALLETカードの大きな違いは貯まるポイントでしょう。au WALLETカードは新しくWALLETポイントを開始し、200円につき1ポイント貯まります。たまったポイントはau WALLETに再度チャージできるという仕組みです。

一方、ソフトバンクカードの場合は貯まるポイントはTポイントです。通常は200円につきTポイントが1ポイント貯まります。貯まったTポイントはソフトバンクカードに再チャージできますが、レートは悪いため、TポイントはTポイントして使ったほうが良いでしょう。
au WALLETカードとソフトバンクカードの比較

au WALLETカードとソフトバンクカードの比較


おトクなキャンペーンは?

「ソフトバンクカード」はおトクなのでしょうか? au WALLETの開始時には大規模なキャンペーンが行われていました。「ソフトバンクカード」はau WALLETほどのキャンペーンは行われていませんが、2ヶ月程度は非常におトクなキャンペーンが行われています。

まず、入会キャンペーンです。新規入会で500円分のチャージを獲得できます。2015年4月20日までですので早めに申し込みましょう。

次に、チャージ&利用で5%分のチャージを獲得できるキャンペーンも実施されます。そのキャンペーンを利用するにはネット銀行のジャパンネット銀行が必要です。ジャパンネット銀行からソフトバンクカードにチャージし、ソフトバンクカードで支払うと、5%分のチャージが戻ってくるという仕組みです。つまり、1万円チャージして1万円利用すると500円分がソフトバンクカードにチャージされるという仕組みです。さらに200円につきTポイントが1ポイント獲得できるため5.5%のおトクと言うことです。キャンペーンは2015年4月30日までですので、それまではジャパンネット銀行からのチャージを行いましょう。

キャンペーン後はどうやって使うとおトクなの?

このキャンペーンが終わったら、銀行からの「おまかせチャージ」の設定を行いましょう。ソフトバンクカードは、事前にチャージしなければ利用できませんが、「おまかせチャージ」を設定すると、事前チャージ無しで利用することができます。デビットカードのように銀行口座残高から自動的にチャージされるわけではありませんので、ほぼクレジットカードと同じです。さらに、ポイントも100円(税込)につき1ポイントと2倍のポイントが貯まるのです。

Tポイントを貯めるクレジットカードではYahoo! JAPAN JCBカードがあります。還元率は1%ですが、こちらはTカード機能が付いていません。しかし、ソフトバンクカードにはTカード機能が付いていて「おかませチャージ」設定の場合は還元率が1%。現時点では、Tポイントを貯められる最強カードとなっています。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。