【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
恋は不条理

恋は不条理

15年1月、大阪の警察官(26歳)が、不倫相手の独身女性(23歳)を殺害するという言語道断の事件が起こった。報道半ばで詳細はわからないが、この男、一昨年に震災援助のため宮城県に赴任、その際、街コンで大学生だった被害者に出会ったのだとか。

その後、容疑者は大阪に戻り、被害者は追いかけてくるように大阪に就職。彼は前からつきあっていた女性と結婚した。被害者が彼の結婚を知ったのは、SNSでの彼の投稿らしい。ショックだっただろう。

彼女は以前から、何度か別れ話を持ち出していた。だが彼は、「オマエはオレのことがいちばん好きなんだから、別れられるはずがない」などと言っていたとか。惚れた弱みがあったのかもしれないが、そこで女性が「ふざけるな」と別れてしまえばよかったのに……とつくづく思う。男女の「別れどき」、案外むずかしいのかもしれない。

恋愛ほど不条理なものはない

殺人事件を例に引くのはあまりに不謹慎なので、ここからは一般論。不倫だろうが不倫でなかろうが、男女関係において、別れどきというものはあるのだろうか。

そもそも、恋愛ほど不条理なものはない。つきあうときは、お互いの同意がなければ始まらないのに、別れるときは片方の拒絶だけで成立してしまうのだから。それをわかっていないと、別れるときに揉めごとになりやすい。

昔は、片方が別れたいと言っても、もう片方が別れたくなければ粘って粘って、別れを撤回させたりもした。まだ「ストーカー」という言葉がなかったから、待ち伏せもしたしつきまとったりもした。私自身にも若い頃、そんな経験がある。

だが、恋も数回繰り返してみると、相手の「別れたい」思いを、一度は撤回させたところで、結局はうまくいかないのだとわかってくる。どちらかが「別れたい」と思った時点で、恋は死ぬのだ。蘇りはしない。それがわかると、無駄な延命措置はやめようと思えてくる。互いの恋の炎が燃えている間に、燃やし尽くすしかないのだ。結果が結婚になるか別れになるかは、ある意味で時の運。あるいは互いの強い意志が持続するかどうか。

>>大人の恋のきれいな終わらせ方とは