省エネ住宅ポイント

省エネ住宅ポイントがスタートします。冷暖房効率がよくて、省エネにつながる住宅にリフォームするチャンスです!

皆さんは家の光熱費が気になることはありませんか。エアコンやストーブを使えば快適になるのがわかっていても、光熱費がかかりすぎるのは困るので、自然とスイッチを入り切りしたり、ちょっとした暑さ・寒さは我慢してしまったりということがあるのではないでしょうか。

今回そんな方々にとっておきのニュースが舞い込んできました。昨今の経済情勢を鑑み、そして住宅の省エネ化を促進するための消費刺激策として、省エネ住宅を作るための新しいポイント制度が、国土交通省から発表されました。

正式には国の平成26年度補正予算が成立が前提となっており、国会での審議を経て創設されることになる制度ですが、現時点(平成27年1月23日現在)で計画されている制度概要では、冷暖房効率の良くない住まいを改善する上で、とてもお得に省エネリフォームをしていただける内容になっています。

そこで今回は、この「省エネ住宅ポイント」の制度概要についてご紹介いたします。快適な我が家を手に入れるきっかけとして、ぜひともチェックしておきましょう。
※この記事は2015年1月23日現在の情報に基づき作成しております。

パワーアップした「省エネ住宅ポイント」制度

以前も「住宅エコポイント」という制度が実施されていましたが、今回の「省エネ住宅ポイント」では前回同様、省エネ住宅の新築、省エネリフォームに対してポイントが発行され、いろいろな商品との交換や追加工事の支払い金額に充当できるのです。

旧「住宅エコポイント」制度との主な違いとしては以下の通りです(クリックすると表が拡大されます)。
制度の主な違い

旧「復興支援・住宅エコポイント」制度と、新しい「省エネ住宅ポイント」制度の主な違い(国土交通省HPより抜粋、一部補足を追加)


非常に似ている制度ではありますが、実は省エネ住宅をもっと世の中に普及させるため、以前よりもパワーアップしているのです。特にリフォームにおいては、以前の制度では対応しづらかった「外壁、屋根・天井、床の断熱改修」において「部分断熱」が認められ、またエコ設備を導入するための改修工事の範囲が拡大されました。しかも、発行されるポイント数もそれぞれアップしています。

次のページでは、「省エネ住宅ポイント」の対象となるリフォームについてご紹介いたします。