【新商品】 LIXIL カーポート「アーキフラン」

車の出し入れがスムーズな、シンプルデザインの後方支持タイプ


駐車スペースには、さまざまなプランが考えられますが、多くみられるのは、メーカー商品も豊富に揃っているカーポートを設けるスタイル。カーポートには、屋根の支持の仕方(柱の設け方)の違いによって、片流れ(片側支持)タイプと両側支持タイプ、後方だけに柱を設けた(後方支持)タイプなどが揃い、敷地形状や車の出し入れのしやすさなどに合わせて選ぶことになるでしょう。

LIXILからは、前方に柱がない後方支持タイプのカーポート「アーキフラン」をTOEXブランドから発売。出し入れがしやすく、すっきりとしたデザインが特徴のカーポートです。

カーポート「アーキフラン」ワイドundefined施工例

カーポート「アーキフラン」ワイド 施工例


■前方に柱がないので出し入れもスムーズ
「アーキフラン」の特徴は、後方支持タイプなので、前方に柱がなく、180°オープンなスタイルを実現できること。車を出し入れも、邪魔になる柱がないので、スムーズに行うことが可能。前面道路が狭い場合などでも、使いやすいのもメリットでしょう。また、 車のドア付近もオープンなので、乗り降りしやすく、ベビーカーや車椅子を使用する際にも、使い勝手がいいのではないでしょうか。

■開放的でシンプルデザイン、門扉や玄関ドアとのコーディネーションも
後方支持のフラットルーフタイプのシンプルなデザインは、どんな外観でも合わせやすいもの。圧迫感も少ないので、開放的なエクステリアプランを実現することもできるでしょう。また、1台用(レギュラー)、2台用(ワイド)、3台以上(多連棟)があるので、車の保有台数に合わせて、プランニングすることが可能。 多連棟とした場合でも、フラットな屋根のラインを保つことができるのも特徴です。

アルミ形材の本体(屋根・柱)色は、ナチュラルシルバーとシャイングレーの2色。柱の側面パネルは、アルミ形材2色に加え、オリジナル色「クリエカラー」4色(クリエペール、クリエラスク、クリエモカ、クリエダーク)が用意され、LIXILの門扉やフェンス、玄関ドアなどとのコーディネートも可能とか。

自然環境も厳しい昨今、新築時だけでなくリフォーム時などでも、カーポートの設置を検討している方も多いとか。使い勝手やデザイン性に配慮されたカーポートは、既存の住まいにも取り入れやすいのではないでしょうか。

■商品概要
<材質>
本体・柱/アルミ形材(シャイングレー、ナチュラルシルバー)
柱パネル/アルミ形材( シャイングレー、ナチュラルシルバー)
ラッピング形材(クリエダーク、クリエラスク、クリエペール、クリエモカ)
屋根材/ポリカーボネート板、熱線吸収ポリカーボネート板
<耐積雪> 20cm相当(比重0.3にて算出)
<耐風圧強度> 風速=38m/秒相当
※耐風圧強度の数値は目安であり、商品保証値ではありません。
<参考価格>
「アーキフラン」 レギュラー 27-50型(間口2707 mm×奥行 5017mm)
セット価格: 389,000円 (税抜)
「アーキフラン」ワイド52-50型(間口5143mm×奥行 5031mm)
セット価格: 773,000円 (税抜)
※柱パネルはアルミ形材色、標準柱使用、屋根材はポリカーボネート板使用の場合
※価格に工事費、配送費は含まず。

[詳細情報] LIXIL  




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。