& STYLE STOREにインテリアのヒントを探しに行く

& STYLE STOREは、食品や食器、アパレルから家具まで、暮らしを豊かにしてくれる様々なアイテムを独自にセレクトしています。個々のアイテムのディテールや、魅力倍増の組み合わせ実例を自分の目で見るのは、モノ選びの目やセンスを養うのに欠かせません

2014年11月代官山にオープンした「& STYLE STORE」は、インテリア雑貨やファッションアイテム 、お取り寄せグルメなど、ストーリーのあるモノを取り揃えたオンラインショップ「スタイルストア」の実店舗。

スタイルストアは丁寧な解説と写真があるので安心して購入できると人気のオンラインショップですが、「実物も見てみたい!」という声もありました。そんな要望に応えてTENOHA代官山1階にオープン、気になっていたアイテムを手に取れるうえ、オンラインショップにはない家具なども新たに取り扱いをしています。

緑あふれる中庭に面し、広々とした店内でインテリアのヒントも得られます。数ある商品の中から、お手本になるシーンとオススメアイテムを抜き出してご紹介しましょう。

インテリアに効果アリ、リビングの隅に置くなら丸テーブルを

& STYLE STOREにインテリアのヒントを探しに行く

左:空間を効率よく使えるラウンドテーブル(直径920mm、高さ960mm、15万円(税抜))。トレドチェア サイドチェアマットブラック(2万4000円(税抜))。右:チェアにブランケットやショールを掛けておくと今の季節にはいいですね。「Lapuan Kankurit(ラプアン カンクリ)」のポケットショール(1万2960円(税込))は、羽織ったり、首元にマフラーのように巻いたり、ひざ掛けにも使えて便利な一枚

リビングのすみっこは使いにくいもの。収納家具や観葉植物を置くのがせいぜいで、デッドスペースとなっているお宅も多いかもしれません。& STYLE STOREでは、部屋の隅に丸テーブルとチェア、フロアスタンドを置いて、ちょっとしたリラックススペースを作っていました。

部屋の隅に四角いテーブルを置くと、角の部分が邪魔で通りにくかったりするものですが、丸テーブルなら椅子を置く場所も自由で、空間を有効に、無駄なく使えます。テーブルの上を上手に飾れば、リビングの雰囲気も良くなります。

あえて曲線の家具を持ってくることで、柔らかな印象になるのもポイントです。家計簿をつけたり、本を読んだり、お茶したり、過ごし方は自由。寒ければ、チェアにショールやブランケットを掛けておけばすぐ使えて便利。この空間の使い方はぜひとも真似したい。

お部屋に置きたい! 雰囲気向上アイテム

& STYLE STOREにインテリアのヒントを探しに行く

左上:アラログバスケット ショートハンドルM(4212円(税込))には、雑誌や新聞を入れておくとカッコいいです。 右上:h+の水差し ストレート アイボリー(7020円(税込))にはシンプルな緑がお似合い。フレームやリースなどと組み合わせると印象UP! 左下:座面の高さが7段階に調節できるトレドチェア(2万6000円(税別))。右下:Lemnosの温湿機能付き時計FRAME ナチュラル(6264円(税込))

コーナーに丸テーブルを置いてスペースを確保したら、次はそのまわりで使うアイテムを吟味したいですよね。リビングに置くだけで雰囲気UPが期待できるのは、新聞や雑誌を入れておくカゴ、グリーンが映えるうつわ、小物を置くのに便利なスツール、一日に何度も見る時計。ふだん使いの道具の質感を高めれば、インテリアは一気にランクアップしますよ。

このページで紹介した、スタイルストア(オンラインショップ)でも買えるアイテム
●Lapuan Kankurit(ラプアン カンクリ)のポケットショール
●アラログバスケット ショートハンドルM
●h+の水差し ストレート アイボリー
●Lemnosの温湿機能付き時計FRAME ナチュラル

次のページでは、シンプルなリビングの印象を変えられるアイテム、おもてなしに効果アリの食器と、いま & STYLE STORE で人気のアイテムをご紹介します。