商品のチェックが甘いことがある

ストアから落札するときの注意点としては、膨大な量の出品物があるので、商品のチェックが甘い場合があるということです。ストアの評価を見ると、「商品説明には書かれていない汚れや破損があった」というコメントが見受けられます。

もちろん、傷や汚れの度合いの判断には個人差がありますが、評価を見る限り、見落とすことは考えづらいようなものも。そのため、落札する前には、写真を入念にチェックして気になる点は質問をするようにしましょう。

ちなみに、先日ストアからコートとブーツを落札したときには、商品説明にないようなダメージはありませんでした。確かに評価にはマイナスコメントもあって、その数が500以上になることもあります。でも、そもそもストアの場合には取引も多く、評価の数が5万以上になっていることもあるのです。そのため、悪い評価の絶対値ではなくて、割合で考えてもいいのではないかと私は考えています。


プロの鑑定士がいるから偽物の心配は少ない

プロの鑑定士がいるストアから落札すると安心

プロの鑑定士がいるストアから落札すると安心 ※画像は、ブランディアより

オークションの人気商品のひとつ、ブランド品。これに関しては、本物か?偽物か?が常に論点になっています。もし、心配であれば、消費税がかかってもストアから落札するといいかもしれません。ストアには専属の鑑定士がいるので、偽物が出品されることはほとんどないからです。

個人の場合には消費税が0%、ストアの場合には偽物の心配が少ないといった、それぞれのメリットがあります。それらをいかして、オークションに参加するといいのではないでしょうか。







※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。