ネットオークションの代表格であるヤフオク!。個人間取引ができて消費税が0%というのがウリのひとつでもあります。でも、実は個人だけではなくて、多くの「ストア」も出品者として参加しているのを知っていますか?

ストアから落札すると消費税がかかる

個人とストアの大きな違いは、消費税がかかるかどうかです。先ほども書いたように、個人から落札すると消費税はかかりません。でもストアから落札すると消費税8%がかかります。通常のお店で買い物をするのと同じ感覚になるわけです。

ストアの場合にはアイコンがついているので、一目でわかる

ストアの場合にはアイコンがついているので、一目でわかる

そのため、私の場合は、欲しいものが見つかったときには、まずはストアかどうかを確認します。価格によっては消費税が、けっこうな額になってしまって、せっかく安く買えるというメリットが薄くなってしまうからです。もし同じものを個人が出品していたら、商品の状態を見て、個人に入札することもしばしば。ストアかどうかは、アイコンですぐに確認ができます。


現在の価格の下に、税込み価格が表示される

現在の価格の下に、税込み価格が表示される

実際に、落札後に支払う金額は、オークションページに表示されます。これに送料をプラスした金額を落札者は支払うということです。





オーダーフォームを使う

マイ・オークションの落札分の中に、ストアから落札した商品が表示される。その中にあるオーダーフォームから取引を始める

マイ・オークションの落札分の中に、ストアから落札した商品が表示される。その中にあるオーダーフォームから取引を始める

個人から落札した後は、連絡手段に「取引ナビ」を使いますが、ストアの場合には「オーダーフォーム」を使います。住所や名前などを入力していくだけなので、難しい作業はありません。

また、入金確認や発送の連絡はメールでくるので、取引画面だけを見ていると、「連絡がないんだけど…」ということになりかねません。そのため、ストアから落札したときには、メールのチェックは忘れずに。