カットシーン

1年のスタートは髪切りにあり!?

トレンドヘア1:クラシックからポップへ進化した「七三ヘア」

ここ2年くらいメンズスタイルは「クラシック」という言葉がキーワードとして取り上げられてきました。草食男子の反動として大人の男が見直され、さらにはスーツ人気の流れにも乗り、「七三ヘア」に注目が集まったのです。60~70年代に流行したアイビー再興の動きとも連動していたように感じます。

そんな七三ヘアは、美容師や理容師によると2015年も引き続き流行るだろうという予測が立っています。ただし、クラシックな雰囲気よりはもう少し軽めな方向へと向かいそうな予感です。フォルムとしては、あまりペタッとさせず、トップに高さや動きがでるようなデザイン。サイドとえり足は潔く短くして、すっきりキメるのが今っぽいでしょう。

以下にヘアイメージを載せました。参考にしてください。

確実に好感度UPを狙える爽やか七三ヘア

アエカの七三ヘア

ヘアサロン/aeca(アエカ)


サイドをすっきりと刈り上げ、おでこもしっかり出した爽やか系七三スタイル。トップをペタンとさせず、かき上げるように動かすことで軽やかさをアピール。キモとなる七三の分け目はあまり強調させず、ほんのりぼかしてナチュラルに。http://www.aeca.tv/

リーゼントとのコラボ型で“違い”を出す

ガーデントウキョウの七三ヘア

ヘアサロン/GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 担当者/山岸貴史

長さを残したトップ~前髪をしっかり立ち上げた七三スタイル。リーゼントのようなデザインで男らしさを強調しつつ、サイドの2ブロックによってスタイリッシュ感をプッシュ。人とは違うオシャレインテリな雰囲気になりたい人にオススメ! http://www.garden-hair.jp/


クラシックな七三だとやりすぎ感やモードっぽさが出てしまい、敬遠する人がいたのも事実。でも、この2つのタイプならナチュラルさが強まるので、取り入れやすいのではないでしょうか。そして意外とどんな服装にも似合うというメリットもあるのです。

続いてのトレンドヘアはこちら。