あなたも「ガンプラ」、はまったのでは?

個人的な話で恐縮ですが、昔、「ガンプラ」にはまったことがあります。「ガンプラ」というのは「ガンダムのプラモデル」のこと。今の30代、40代の男性が子どものころに放送されていたガンダムは、日本を代表するアニメといってもいいでしょう。ガンダムというアニメで登場するのは、ザクやジムなど多彩なモビルスーツ。それぞれがプラモデルとして発売されて、私も夢中になって組み立てたことがあるというわけです。

でも、夢中になったのはほんの少しの間だったので、その後は誰かにあげてしまったのか、それとも捨ててしまったのかは定かではありません。私がガンプラにはまったのは、今から20年くらい前だと思います。なので、当時は、ネットオークションもなかったし、そもそもインターネットも知らない時代です。そんなこともあって、どうにか処分してしまったのでしょう。今思えば、本当にもったいないことをしたと思います。というのも、ネットオークションに出品すれば、値がついた可能性があるからです。


組み立てたガンプラでも値がつく

オークションで値がつくのは「新品だからでしょ?」と言われることがあるのですが、新品でも中古でも需要があれば値がつきます。ただ、中古よりは新品の方が落札価格が上がる物の方が圧倒的に多いのは事実。とはいえ、中古だからといって諦める必要はありません。むしろ、組み立ててあるからこそ、売れるという場合もあるのです。

ガンプラではないが、新幹線など鉄道の模型などもけっこう人気で取引が多い

ガンプラではないが、新幹線など鉄道の模型などもけっこう人気で取引が多い

これに関しては、組み立てや塗装の高い技術が必要になりますが、過去に落札されたガンプラを見ると、なんと130万円を超える価格がついたものもあるのです。

ここまでの価格にするためにはパーツを作り直したりと、かなり手を加えていますし、時間もかけているようなので、これはもはやプロのワザ。そのため、趣味で作っている人にとってはハードルが高いと思います。そこでオススメしたいのが、「ジャンク品」としての出品です。