長期保有であれば元が取れる株主優待!

大阪城

無料宿泊券で大阪と東京を満喫しよう

11月の株主優待を狙って投資するのであれば、どこがよいのでしょうか。

おススメなのはサムティ株式会社(銘柄コード:<3244>)。東証ジャスダックに上場している、不動産業、不動産賃貸事業を中心に行う会社になります。

関西を軸に投資用マンションの開発や不動産再生販売等を行うほか、賃貸を安定収益としています。その他、ホテルアセットとして、「天橋立ホテル」「センターホテル東京」「センターホテル大阪」「LAGUNASUITE HOTEL & WEDDING」の進出を行っています。

不動産を核として活動しているサムティ。この会社の株主優待は、長期で保有し実際に活用する人にとってはお宝といっても過言ではありません。いったいどんな株主優待構成となっているのでしょうか?

200株保有で「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の無料宿泊券ゲット!

サムティでは、11月末日における株主に対して、株主優待を支給しています。配当も、毎年11月末に株式を保有する投資家に支給されています。業績動向により、今後変動する可能性があるとはいえますが、この企業の魅力はなんといっても宿泊代が無料になる株主優待券がもらえることでしょう。

200株以上の保有で、「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の無料宿泊券をそれぞれ1枚得ることができます。センターホテル東京は日本橋兜町にあります。また、センターホテル大阪は淀屋橋にあり、いずれも東京と大阪の中心部にあるため、立地は文句なしといえます。東京や大阪に出張、旅行に行く機会がある方には、毎年無料となる宿泊券がもらえるため、お得といってよいでしょう。

ちなみに、無料になるのは、シングルの室料。ホームページからシングルルームは東京で正規料金1泊1万700円、大阪は料金が4100円~7200円となっているため、安く見積もったとして東京と大阪で1万4800円。家族も利用できるため、誰かが利用すれば1万4800円分は優待利用で使えることになります。優待利回りは、10月27日終値709円で換算して10.43%。10年も保有すれば元が取れてしまう計算になります。

なお、株主優待券は、毎年2月末開催の定時株主総会終了後に発送される予定です。

■株主優待券の内容(11月末保有者に支給)
100株以上・・・センターホテル東京の宿泊割引券(3000円)1枚、センターホテル大阪の宿泊割引券(3000円)1枚
200株以上・・・センターホテル東京の無料宿泊券1枚、センターホテル大阪の無料宿泊券1枚
1,000株以上・・・センターホテル東京の無料宿泊券1枚、センターホテル大阪の無料宿泊券1枚、天橋立ホテルの宿泊割引券(最大2万円)1枚

この他、配当がもらえます。平成26年11月期会社予想の配当は100株あたり18円。配当利回りは10月27日終値換算で2.53%。こちらも悪くはありません。今どき無料宿泊券がもらえる株主優待はあまりなく、しかも200株で15万円もしないわけですから、お宝銘柄といってよいでしょう。配当利回りも含めれば、200株保有者で12.97%の利回りになります。

売上はやや減少、利益は前年度よりも高め。優待+配当を長期でもらう発想がよい

それでは業績面はどうでしょうか。昨年度の売上高が273億円に対して、2014年11月期予想は260億円とやや減少予定です。ただし、営業利益は昨年度27億に対して2014年11月期予想は42億円と健闘予定になっています。不動産市況も都市部では回復傾向にあるため、今後も順調に推移するといえるのではないでしょうか?

投資指標面から見ると、2014年10月27日終値における会社予想をもとにしたPERは7.94倍、PBRは0.71倍(実績)と決して高いとはいえず、優待と配当で元をとるといった長期投資をお考えであれば、ずっと保有するのがよいでしょう。

東京や大阪に遊び、出張に行く予定がある方にはうってつけの株主優待といえるのではないでしょうか。是非活用しましょう。

株主優待の詳細は、サムティ株式会社のホームページをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。