アップルから「Apple Watch」が発表されて、腕時計型の情報端末『スマートウォッチ』に注目が集まっています。

LG G WatchとXperia

LG G WatchとXperia


スマートウォッチは、アップルだけではなくGoogleやカシオといったメーカーもさまざまな端末を発売しており、百花繚乱といった様相です。メーカーはスマートフォンの次に普及するものと期待しており、力を入れて開発しています。端末が出揃う2014年末から2015年の頭は、どれを買おうか頭を悩ませているはずです。

今回は、この注目が集まりつつあるスマートウォッチとはどんなものか?また、どのような機能を持つものかをご紹介します。

スマートウォッチって何?どうやって動く?

スマートウォッチは腕時計の形をしていますが、時を刻む以外にも多くの機能を持つので、情報端末と考えると分かりやすくなります。スマホも情報端末ですが、スマートウォッチは常に身に着けているので、より身近な存在になります。

スマートウォッチはスマホが必須で、これと連携して動作します。接続はケーブルを使うのではなく、数メールの距離で無線通信が可能な「Bluetooth(ブルートゥース)」と言う技術を使って接続します。スマホとは常に接続された状態で、お互いの情報をやり取りして連携し、動作します。

スマートウォッチの代表機能と言えば、情報通知があげられます。これは、スマホの着信やメール受信、SNS更新通知などを腕時計で確認できるものです。

なぜ、スマホでできることにスマートウォッチを使うのか?と疑問に持つはずです。その答えは「回数」にあります。Googleによれば、情報通知の確認を1日平均で125回行っているとしています。仮に、1回あたり30秒かかっているとすると、情報確認のために毎日1時間程度を割いていることになります。これがスマートウォッチで確認できれば、通知があった時にチラ見をして、スマホを取り出すべきか否かを判断することができます。情報確認に割く時間をトータルで減らすことができるのです。

LG G Watchでメール受信の通知を受けたところ

LG G Watchでメール受信の通知を受けたところ


情報通知以外では、常時左腕に着けているので、歩数計や心拍数モニターを搭載してヘルスケアに活用する動きも活発になっています。将来的には、体調が悪くて医者に行った時に、日々収集したデータを提供して診察に役立てるという使い方をするかもしれません。

次のページでは、現在発表されている端末の例をご紹介します。