Yahoo!カーナビはその名前通り、あの検索エンジンで有名なYahoo!JAPAN が提供するもので、無料で使うことができます。ただしフル機能を使うにはYahoo!JAPAN にユーザー登録してある必要があり、ログインして使う必要があります。しかし、登録も無料でできるので安心してください。

このアプリにはiPhone版とAndroid版があり、どちらでもほぼ同等の機能使うことができます。ちなみに最近までiPhone版は横画面表示が出来ず、少し不便でしたが、最近のアップデートで横画面表示が出来るようになりました。

navi

スマホスタンドを使うとまるでカーナビ
 

 

音声検索

さてこのカーナビは基本的に普通のカーナビアプリのように使うことができます。

音声入力にも対応しているため画面上の入力ボックス右の「マイク」アイコンをタップすれば音声で場所を入力することができます。音声入力後、それを認識して候補が表示されるので、自分の目的地を決定します。

例えば「秋葉原」などと入力すると秋葉原駅だけではなく秋葉原UDXや秋葉原公園など秋葉原という文字を含んだいくつかのポイントが検索されます。

また、画面上の入力ボックスをタップすれば文字入力で目的地を指定することもできます。この場合も入力した文字を含むいくつかのポイント候補として表示してくれます。

音声

目的地は音声入力ができます


リスト

検索ではキーワードにマッチした候補がリスト表示されます


ナビの実際

目的地を選択後、ガイド画面に移ります。画面右下の「ここへ行く」と下に書かれた青いアイコンをタップすればナビゲーションの準備ができます。

すると、画面下に「おすすめ」、「高速優先」、「一般優先」というタブ切り替えで3つの経路候補が表示されるので、タブでそれらを選択して「ナビ開始」アイコンをタップすれば実際のナビゲーションが開始されます。

この後、交通ルールに従って運転してくださいという注意書きが表示され、OKをタップします。

「高速優先」というのは言うまでもなく、使えれば高速道路を使う経路を検索するということです。「一般優先」というのはできるだけ高速道路を使わない経路を検索します。

ナビゲーション中は音声ガイダンスもしてくれますが、このときに次の右折左折点までの距離を教えてくれるだけでなく、交差点名なども教えてくれるので、分かりやすいものになっています。

音声ガイダンス

音声ガイダンスでは交差点名も教えてくれます


「VICS」とは

このアプリの1つの特徴は「VICS」機能に対応したことです。このVICSとは渋滞などの情報をリアルタイムに表示てくれる機能で、ユーザーが渋滞を回避してコースを選ぶことができます。

この機能はVICSと言う文字があるアイコンでON・OFFができます。文字で下にOFFと書かれている状態がオフの状態で、下に時間が表示されていればオンの状態です。OFFの状態のアイコンをタップすればVICSがオンになります。

ちなみに渋滞していく往路はマップ上で「赤く」表示一目で識別することができます。また渋滞ほどではありませんが混雑して混雑している場所はオレンジ色で表示されます。

渋滞

渋滞状況を色で表示してくれます


店舗情報

また、このアプリで便利なのはガソリンスタンドや駐車場、コンビニ、ファミレス、ファーストフードなどの情報をマップ上に表示することができることです。ガソリンスタンドにしてもコンビニにしてもコインパーキングにしても、どの店を表示するかを候補の中から選択することができます。

また、コインパーキングでは空いている駐車場はマップ上のアイコンに「空」というマークが表示され、一目で空いていることが分かるのが便利です。

コンビニ

コンビニやパーキングなどをマップ表示してくれます。


パーキング

パーキングに空きがあれば「空」と表示されます。


カーナビアプリに必要なアイテム

最後ににカーナビアプリを使うのに必要なアイテムを紹介させていただきます。それは「シガーアダプター」と「スマートフォンホルダー」です。

スマートフォンでGPSを使っていると、かなりバッテリーを食います。そのため、カーナビアプリでもバッテリの消費が激しく、自動車のシガーソケットから電源が取れる「シガーアダプター」、「シガーソケット充電器」などと呼ばれるものを使わないと実用的に使うのは難しくなります。

この種の電源アダプターは、スマホと接続するケーブルと一体になっているものが多いのですが、その場合Android対応製品ではmicro USB 、iPhone関連では最新機種ではLightningケーブルと、コネクターが異なり、その機種でしか使えないので購入には注意が必要です。

ケーブル

スマホ接続のためのケーブルが付属したタイプ。


また、USBコネクタを搭載し、それにUSBケーブルを接続して使うタイプのシガーアダプターもあります。この場合ケーブルを交換することでAndroidでもiPhoneでも対応することができます。また、複数のUSBコネクタを持つモデルもあります。

USB

USBケーブルを接続して使うタイプ


シガーアダプターはUSBコネクタモデルで1000円程度、ケーブルつきモデルで2000円程度から購入できます。

スマホスタンドにさまざまなものがあるので好みに応じて選択するしかないと思いますが、やはり、カーナビのようにダッシュボードにスマホを固定できるのが便利です。スマホスタンドは安いものであれば2,000円程度で購入できます。


まとめ

Yahoo!カーナビは右折・左折に加え、交差点名もしゃべってくれる音声ガイダンスなど、ごく普通に使いやすい印象で、かつ渋滞情報や、ガソリンスタンド、コインパーキングの場所や空き情報までが表示できるので便利です。

今回はiPhone版写真を主に使っていますが、Android版でもほぼ同様の機能が使用できます。

無料で使えるので、今までスマホのカーナビアプリを使ったことがないという人にも、ほかのカーナビアプリを使っているという人も、ぜひ一度試してみて欲しいと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。