注目したい京都付近の車窓

京都駅

京都駅に到着

緩やかに左へカーブして米原を過ぎ、田園地帯から都市近郊地域へと進む。しばし並走する近江鉄道は電車本数が少ないため、車両を目にすることは多くない。工場が目立つようになると大津のはずれを通り過ぎ、音羽山トンネルと東山トンネルを抜けると京都駅だ。
梅小路のSL

京都駅を出たところで梅小路SL館が見える

京都を出ると左へカーブするが、右手には梅小路蒸気機関車館や操車場が見える。一瞬、煙をあげている蒸気機関車の雄姿が目に入ることもある。左手に桂川や木津川、宇治川が合流して淀川になる地点、右手には山崎の天王山が見えるあたりから阪急電車がしばらく並走する。
新大阪の駅名標

新大阪の駅名標。そのまま山陽新幹線へと続いている

家並の続く中を次第にスピードを落とし、新幹線の車両基地には九州新幹線の車両も目に入る。やがて、列車はゆっくりと新大阪駅のホームに滑り込み、変化に富んだ東海道新幹線の旅を締めくくる。
新大阪駅発車案内板

九州新幹線も乗入れ行き先が賑やかな新大阪駅の発車案内板

開業50周年を迎えた東海道新幹線。たまにはこうして車窓に注目してみてはどうだろうか。今まで気づかなかった発見があり、楽しめること請け合いである。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。