新しいシリーズ「生活彩るカメラ術」では、生活の中で役立ちそうなカメラの使い方、写真の活用方法などをご紹介していきます。その最初の内容は、写真整理術。日々撮り溜まる写真のデータ……どうやって整理していけばいいのかと思い悩んでいる方は少なくないようです。そんな写真整理についてのヒントになるかもしれません。

写真データ整理はメモリーカードから移行させるのが基本

写真整理

外付けハードディスクの一例。様々なデータ容量の外付けハードディスクがある。

まずはビギナーの方に写真データの保存方法の基本についてまとめてみます。

写真を撮影すると、メモリーカードに写真データは保存されます。撮影枚数が少ないうちはメモリーカードの容量にも余裕があるため、写真データを入れたままにしている場合もあるかもしれません。

ただ、ある程度撮影枚数がたまったらメモリーカードからデータを移行させて保存させるのが基本です。その保存先となるのは、パソコンのハードディスク、外付けハードディスク、CDへの記録などが一般的。

一時的な保管場所としてパソコン内のハードディスクは便利ですが、長期保存先としては不向きです。保存してある写真データの容量が大きくなればそれだけパソコン内のハードディスク容量を使ってしまうことにもなり、パフォーマンスの低下につながることもあります。

外付けハードディスクは、ハードディスクが単体として売られていてケーブル等でパソコンと接続して使うものです。接続後は、パソコン内のハードディクスと同様にデータの出し入れができます。

特に写真のデータの容量が多い方には、この外付けハードディスクが最も便利な保存方法と言えます。

CDへデータを記録させて保管するという方法もありますが、気をつけたいのはCDの読み込みができなくなること。読み込み面に傷などのダメージを与えると、読み込みが出来なく場合があります。CDだけでデータを保管する場合は、複数のコピーを作るようにしておくのも大事な写真データを確実に保管する手段としては有効です。

次のページでは、新たな写真データの保管方法などをご紹介します。