ソフトバンクポイントからTポイントに

2014年7月から、ソフトバンクモバイル通信料金の支払いで貯まるポイントが、ソフトバンクポイントから共通ポイント「Tポイント」に変更となりました。2014年6月以前は、1000円(税抜)につきソフトバンクポイントが10ポイント貯まっていましたが、2014年7月以降は1000円(税抜)につきTポイントが5ポイントに変更となっています。

ソフトバンクポイントもTポイントも1ポイントは1円として利用できるため、変更前の還元率は1.0%変更後の還元率は0.5%改悪です。

ただし、ソフトバンクポイントは新規・機種変更の携帯電話・オプション品の購入、修理代などに利用するしかなく、ソフトバンクモバイルのみでしか利用できない使い勝手の悪いポイントプログラムでした。

一方、Tポイントは、2014年6月末時点で、16万4996店舗で貯まり・利用でき、非常に使い勝手が良いポイントです。さらに、従来はできなかった、ポイントでの通信料金の支払いにも対応しました。

筆者もソフトバンクモバイルのケータイを利用していますが、頻繁に機種変更をしないためソフトバンクポイントは何度か失効しています。しかし、Tポイントであればコンビニエンスストアでも利用できるため、ほぼ失効することはないでしょう。

ポイントの還元率としては改悪となっていますが、使い勝手の良いポイントに変わっているため、今回の変更は改善と言って良いでしょう。

では、ソフトバンクポイントからTポイントに変更となった時に注意しなければならない点を見てみましょう。

今までためていたソフトバンクポイントはどうなるの?

今まで貯めたソフトバンクポイントは自動的にTポイントに交換されるということはありません。ソフトバンクポイントはそのままソフトバンクポイントとして残っています。貯まるポイントがTポイントに切り替わったからといっても、Tポイントに交換される訳ではありません。また、ソフトバンクポイントをTポイントに交換することもできません。

今まで貯めていたソフトバンクポイントは、次回の機種変更や新規の携帯電話購入に利用しましょう。なお、通信料金に利用できるのはTポイントのみで、ソフトバンクポイントは通信料金に利用できませんので注意して下さい。
通信料金に利用できるのはTポイントのみ

通信料金に利用できるのはTポイントのみ


ファミリーマートなどのTカード加盟店で使うには?

ソフトバンクモバイルでTカード番号連携

ソフトバンクモバイルでTカード番号連携

ソフトバンクモバイルで貯まるTポイントは、ソフトバンクモバイル専用のTポイントとなっています。何も手続きを行わなければ、ソフトバンクモバイルの通信料金で貯めたポイントは、機種変更、通信料金の充当等にしか利用できません

ファミリーマートやTSUTAYAなどのTカード加盟店で利用するには、Tカード連携を行う必要があります。オンラインで利用料金を確認できる「My Softbank」やソフトバンクショップTカードの連携手続きを行って下さい。

連携するだけで、Tポイントが貯まりやすくなり、どんどん使いやすくなります。ソフトバンクモバイル利用者は必ず連携を行うようにしましょう。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。