スマートフォン市場は、ご存じの通りiPhoneとAndroidが大きくシェアを占めており、第3のスマートフォンの登場が期待されています。マイクロソフトのWindows Phone、サムスンのTizenなど、各社より様々なOSがリリースされていますが、注目のOSとして、「Firefox OS」を搭載したスマートフォンがあります。Mozillaが開発したオープンソースオペレーティングシステムで、HTML5アプリケーションが動作します。

日本初のFireFox OS搭載のFlame

日本初のFireFox OS搭載のFlame


こちらのOSを搭載したスマートフォンが、日本で発売となりました。「Flame」という端末で、あくまで開発者向けではありますが、技適マークを搭載しており、SIMフリーのスマートフォンとして利用も可能です。ただ、あくまで開発用のため、OSの書き換えや各種バージョンアップなどを、開発ツール経由で行うスキルが必要となります。今回は、この日本初のFireFox OS搭載の「Flame」のレビューをお送りします。「Flame」に関しては、日々アップデートが行われているため、2014年8月の購入した状態のレビューとなります。

Flameのパッケージです。

Flameのパッケージです。


パッケージに書かれているスペックです。デュアルSIM仕様で、対応周波数が明記してあります。

パッケージに書かれているスペックです。デュアルSIM仕様で、対応周波数が明記してあります。


パッケージを開けたところ。

パッケージを開けたところ。


同梱物です。

同梱物です。


本体にバッテリーを入れたところ。バッテリー容量は1800mAh。

本体にバッテリーを入れたところ。バッテリー容量は1800mAh。


起動画面。

起動画面。


初期設定画面となります。日本語ロケーションはありませんでした。

初期設定画面となります。日本語ロケーションはありませんでした。


アドレスデータは同期ではなく、インポートするスタイルです。

アドレスデータは同期ではなく、インポートするスタイルです。


初期設定終了後、チュートリアル画面となります。

初期設定終了後、チュートリアル画面となります。


ホームボタン長押しでアプリ切り替えや終了ができます。

ホームボタン長押しでアプリ切り替えや終了ができます。


ホーム画面です。

ホーム画面です。


フォルダー機能があり、ジャンル毎にアプリを収納できます。ソーシャルアプリなど、一通り揃っている印象です。

フォルダー機能があり、ジャンル毎にアプリを収納できます。ソーシャルアプリなど、一通り揃っている印象です。



設定画面。

設定画面。


FireFox OSのバージョンは1.3.0。

FireFox OSのバージョンは1.3.0。


OSの書き換えやアップデートの適用はパソコンのコマンド画面よりUSB接続で実施します。

OSの書き換えやアップデートの適用はパソコンのコマンド画面よりUSB接続で実施します。


「Flame」は開発用端末ということで、使用感をレビューできるレベルの端末ではありません。ただ、思ったよりも他のスマートフォン並みに使える印象です。しかし、基本がHTML5アプリということで、端末性能が上がらないとなかなか快適な操作感にはならないかな、という印象です。今後OSのバージョンアップに加えて、まだ日本語入力環境がありませんので、日本語入力機能の追加と、発展が楽しみなスマートフォンです。


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。