スカイツリー本体を撮る

iPhoneで東京スカイツリーだけを最上部から最下部までを撮るというのは、なかなか難しいです。なので、どうしても東京スカイツリーだけを撮りたいというのであれば、トリミングして撮ることをおすすめします。

ここでは、東京ソラマチの4階から望んだ東京スカイツリーを撮ってみました。真下から見上げた東京スカイツリーですね。
真下から見上げた東京スカイツリー

真下から見上げた東京スカイツリー



あるいは、もっと極端に、東京スカイツリーの部分だけを切り取るというのありでしょう。ビデオモードのズーム機能を利用し、展望台部分をアップにしてみました。やはり、なかなか迫力がありますよね。
展望台部分をアップで狙ったもの

展望台部分をアップで狙ったもの



このほかに、たとえばもっと極端に、東京スカイツリーの橋脚部分だけなんてもの、よいかもしれません。
スカイツリーの橋脚部分だけを撮ったもの

スカイツリーの橋脚部分だけを撮ったもの

 

縦位置ビデオのすすめ

今回ご紹介したアングルは、縦位置が多かったのにお気づきになりましたか?
ビデオは横位置撮影が基本です。したがって、iPhoneで撮影した映像データをビデオ編集ソフトで編集すると、横位置の中に縦位置映像が配置され、両サイドにピラーボックスと呼ばれる黒い領域が発生してしまします。
 

ピラーボックスの発生したフレーム

ピラーボックスの発生したフレーム


しかし、iPhoneならではの映像を楽しむには、やはり縦位置が面白いのです。撮影した映像をiPhoneからYouTubeにアップロードすると、やはりピラーボックスが表示されてしまうのですが、Facebookにアップロードした場合は、ちゃんと縦位置映像として再生できます。Facebook にはこうした楽しみ方もありますので、いろいろなSNSで映像をアップロードしてみてください。




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。