【新商品】パナソニック エコソリューションズ 
EV・PHEV充電用 充電スタンド「ELSEEV mine」(Mode3)

住宅向けの使いやすいデザインの充電用設備


電気自動車も身近なものになってきました。一般のご家庭でも取り入れる方もみられ、エクステリアメーカーなどからは、家庭用の充電設備の商品開発も進んでいるようです。

パナソニック エコソリューションズからは、EV(電気自動車)・PHEV(プラグインハイブリッド自動車)充電用設備「ELSEEV(エルシーヴ)」シリーズとして、充電ケーブルを搭載するMode3方式に対応し、住宅などのプライベートエリアでの使用に適したスタンドタイプの充電スタンド「ELSEEV mine (エルシーヴ マイン)」(Mode3)が発売。付属の充電ケーブルを収納しやすい、住宅向けの使いやすいデザインの商品です。

パナソニック

「ELSEEV mine」(Mode3)と使用イメージ


■充電ケーブルを搭載、充電時の使い勝手もアップ
「ELSEEV mine」(Mode3) は、充電ケーブルを搭載しているので、車載ケーブルを取り出さなくても充電ができるのが特徴。また、充電用コネクタと自動車の接続確認などを行った後、充電を開始するCPLT機能(コントロールパイロット機能:充電設備と自動車側との確実な接続確認と、自動車側の確認による通電開始などを行うもの)を搭載しているため、確実に安心して充電作業を行うことができるとか。(本充電方式は、国際規格(IEC)で規定されるMode3(CaseC)に準拠)

また、設置する位置が自由になるスタンドタイプなので、住宅建物から離れた駐車スペースなどにプランニングすることも可能です。

■充電ケーブルをすっきりと収納
充電する時以外は、付属の充電ケーブルを本体内にすべて収納することもできるほか、扉にはダイヤル錠が設けられ、内部には自動で点灯する手元表示灯(LED照明)も。また、本体にスマート防水コンセント(別売)の取付けることで、充電以外の用途への電力供給をすることも可能です。

■電気の使いすぎを自動制御
「充電コントロール機能付タイプ」であれば、専用のピークコントロールボックス(別売)と連携することで、家庭全体の電気使用量にあわせて、充電の際の電流値を自動制御、電気の使いすぎによる全停電を未然に防ぐことも。さらに、専用のおしらせユニット(別売)と接続すれば、ピークアラームや充電時の電流値の変化をブザーと音声で知らせてくれるとか。

EV・PHEV充電設備には、壁面取付やスタンドタイプなどもあり、安全面や利便性も高まってきています。設置する位置が自由になるスタンドタイプは、新築時だけでなく、リフォームなどでも取り入れやすい設備機器なのではないでしょうか。

■EV・PHEV充電用 充電スタンド「ELSEEV mine」(Mode3) 希望小売価格(税抜)
[DNM321S(標準型)]  240,000円
単相 AC200V 充電ケーブル×1
幅235×奥行230×高さ1500(地上高)
[DNM321PS(充電コントロール機能付)]  250,000円
単相 AC200V 充電ケーブル×1/充電コントロール機能
幅235×奥行230×高さ1500(地上高)

【詳細情報】 パナソニック エコソリューションズ 






匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。