相続の時に不利にならないためには?

手間はかかりますが、空き家のデメリットを解消するために対策をしておきましょう。
  • 相続時の売却物件にできるよう、空き家へ頻繁に足を運んで使用し、劣化を防止する
  • 相続時にスムーズに売却できるよう整備し、トラブルがあれば解消しておく
  • 賃貸にして借家人に居住してもらうことでも劣化防止になる
  • 賃貸にすることで小規模宅地の特例の対象となり、相続税が安くできる

空き家が荒れないよう巡回してくれるサービスも登場

対策が必要と分かっていても、自分で行うのは大変なものです。そんな時の相談先として、東急リバブル社が平成26年8月1日より「リバブル『空き家』相談」サービスを開始しました。

これは、「売却・賃貸・管理」面を総合的にフラットに診断してくれるものです。また空き家の定期的な巡回による劣化防止や防犯・防災効果のサービスもあります。類似のサービスは他にも複数社ありますが、弁護士による空き家のトラブル(親族・近隣)解決策無料診断や税理士による相続税無料診断、売却に関して「耐震診断・適合証明書」が無料、建物解体費用を立て替えてくれる、といった点は東急リバブル社ならではです。

空き家にしておくことはデメリットのほうが多く、また平成27年以降の相続税の増税もあり、早めの対策が望まれます。ですが、空き家といっても状況は様々ですので、何が最も有利なのか、望まれる形なのかも様々です。まずはプロに相談してみることをお勧めします。

【関連記事】
事例で確認!相続税の小規模宅地等の特例の適用要件
相続税対策 7つのポイント

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。