「いつかは欲しい」と思っている憧れのような家具はありますか?その家具と暮らす毎日を想像しただけでワクワクするような椅子や照明等々。
http://www.carlhansen.jp/catalog/

窓辺のお気に入りの椅子で、コーヒーをゆったりと楽しむ休日/写真提供:カール・ハンセン&サン


購入予定の有無に関わらず、まずは憧れの存在として眺めているよりも“実際、どうして名作とよばれるのか?どこがいいのか?”という目で触れてみる事をお勧めします。実は名作家具と呼ばれるアイテムの中にも、現代の暮らしにこそ合うようなサイズ感・素材感、機能のあるアイテムが存在します。でも、以下のような疑問や心配をする声もよく耳にします。

「どれを選んだらいいのか迷ってしまう」
「買うわけでもないのにインテリアショップに入るのも少し気後れする」
「同じものなのに、色々な値段があってどれが本物か見分けがつかない」


そこでまずは、誰でも入れる場所で気軽に名作家具が楽しめる都内の3カ所の施設をご紹介致します。
  • 東京都美術館
  • 国立新美術館
  • 国際文化会館

次ページでは、各施設でどの本物の(レプリカや、コピー品ではないという意味)名作家具に触れあえるか、具体的なアイテムをご紹介します。