乗ってみたいのは日本船? 外国船?

にっぽん丸

日本船の「にっぽん丸」


クルーズに乗ろうと思ったら、まず決めるべきことは、日本船か外国船かです。
「海外クルーズに行きたいのに日本船?」と思われる方もいるかもしれませんが、日本船籍の「飛鳥II」「にっぽん丸」「ぱしふぃっく びいなす」という3隻は、国内だけでなく韓国やロシアに寄港する中長期のクルーズや世界一周などを行っています。

海外でおいしい日本食

日本船では海外クルーズ中も日本食がいただける

日本語によるサービスで、洋食の日もありますが、朝などは和食か洋食も選べ、昼や夜も和食の日があります。また展望浴場など日本人が好む施設もあります。海外クルーズは、シーズンや年によって、いろんなコースが船ごとに設定されます。1泊の料金は最低3~5万円と少し高めですが、日本語や和食にこだわる人向きです。


多彩なコースや料金設定なら外国船!


ダイヤモンド・プリンセス

日本を周遊する外国船のダイヤモンド・プリンセス


一方、外国船は、世界には400隻ほどあると言われ、季節に合わせて、海が穏やかで観光に適したエリアを中心にクルーズしています。主要なクルーズは1週間(7泊8日)で、3~5カ所に寄港します。日本から外国船に乗る場合は発着地となる国まで飛行機で行って乗ることになります。帰りも飛行機で、この形態は「フライ&クルーズ」と呼びます。

外国船の場合は、「カジュアル客船(スタンダード)」「プレミアム客船」「ラグジャリー客船」など、ランクやサービスの質、料金などが違うので申し込む前に、どのくらいのレベルの船がいいか調べる必要があります。

外国船が日本発着の周遊クルーズを行うことも

最近は春から秋にかけ、日本発着で日本国内をめぐる外国船が増えてきました。クルーズ代金は日本船より安め。これは船が大きいため乗客定員が多く、全体のコストを抑えられるためです。また日本船より賃金の安い国からのクルーが多く働いていたりと、理由はいくつか。日本船より大きいので遊ぶ施設も多く、最近は日本人向けのサービスも増えてきたので、「クルーズは高い」と思っている人にとっては、日本発着の外国船クルーズは初めての船旅や、外国船での海外クルーズの練習にぴったりかもしれません。