中国ファンドを紹介します

中国ファンドを紹介します

中期国債ファンドは、中期利付国債を中心とした公社債などに投資する投資信託です。投資対象に株式は含まず、安定運用を目指します。略称を「中国ファンド(ちゅうこくふぁんど)」といいますが、チャイナとは関係ありません。

中期国債ファンドは、証券会社や銀行などで取り扱っています。1円以上1円単位で購入できますが、取り扱い会社によっては1万円以上、10万円以上などの場合もあります。
 
 

 

中期国債ファンドのリターン

中期国債ファンドは、運用の成果に応じて分配金が支払われる「実績分配型」です。
毎日分配金がつき、毎月末に1ヵ月分の分配金がまとめて自動的に再投資されます。つまり「1か月複利」の運用です。分配金には、20%の税金(源泉分離課税)がかかります。
 

 

中期国債ファンドのリスク

中期国債ファンドには、価格変動リスク(基準価額が毎日変動する)があります。世の中の金利が上がることによって公社債の価格が下がったり、組み入れている公社債の発行体の財政難の影響を受けたりして、中期国債ファンドの価額が下がることなどが考えられます。とはいっても、そのほかの投信に比べると価額の変動は小さいものです。
また、投資信託ですから元本保証はありません。
 

 

中期国債ファンドの手数料、コスト

中国ファンドは、安全性重視の運用にむいています

中国ファンドは、安全性重視の運用にむいています

中期国債ファンドを購入する時の手数料は無料です。購入から30日以上たてば、いつでも手数料なしで解約できます。ただし、購入から30日未満で解約する場合は、信託財産留保額(早期解約のペナルティーのようなもの)として、1万口につき10円が差し引かれます。

中期国債ファンドの保有期間中は、信託報酬と呼ばれるコストがかかります。
 

 

中期国債ファンドの運用はこんな場合に適している

中期国債ファンドは、安全性重視で運用したい場合に適しています。解約したい時に解約できる(これを、流動性があるといいます)ので、使う予定があるお金の預け先としても適しています。


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。