自然と共生する感覚。木のインテリアは日本人にふさわしい

住友林業 住宅事業本部 資材物流部 マネージャーundefined鈴木千晴さん

住友林業 住宅事業本部
資材物流部 マネージャー
鈴木千晴さん

「木にこだわり、木の魅力を最大限に引き出す家づくりを行ってきた住友林業ですが、長い時間をかけてついに、世界の銘木6種類をラインナップすることができました」と語るのは、住友林業 住宅事業本部 資材物流部の鈴木さん。
四季があり、自然と共生する感覚を自然に持っている日本人にとって、木を活かしたインテリアはとても相性がいいと言います。

今回ご紹介する銘木は、『ウォルナット』『マホガニー』『チーク』『チェリー』『メイプル』『オーク』の6種類。それぞれに個性と魅力があり、どれか一つを選ぶのが難しいほどです。美しいインテリア写真と共にご覧ください。

『ウォルナット』~美しい木目と深い色合いが人気の樹種

マホガニー、チークと共に世界三大銘木と呼ばれる『ウォルナット』。日本語では「クルミの木」です。最近、ブームが再燃していますが、古くはヨーロッパのルネサンス時代にも人気を誇った樹種で、その歴史は長いのです。20世紀に活躍した世界的な木工家具作家、ジョージ・ナカシマもウォルナットを好んで使用し、数々の名作家具を残しています。

undefined

 


ウォルナットの紫がかった茶色は深みがあり、高貴な印象です。艶やかで優しく温かみのある光沢や、杢目が織りなす美しいグラデーションも魅力。モダンなインテリアとも美しく調和し、気品のある空間を演出します。「色合いには深みがありますが、重たく暗い感じにならないのが特徴。大人っぽい雰囲気のインテリアにぴったりです」

undefined

 


>>“黄金の木”『マホガニー』と“木の宝石”『チーク』