常温持ち歩き可能な「NOAKE TOKYO」の「キャンディフラッペ」

「NOAKE TOKYO」の「キャンディフラッペ」(8本入税込3,480円)

「NOAKE TOKYO」の「キャンディフラッペ」(8本入税込3,480円)


「NOAKE TOKYO ノアケ トーキョー」は、2009年に屋台でのお菓子の販売からスタートし、現在は浅草店をはじめ、マーチエキュート神田万世橋、東京駅のTOKYO Me+(トウキョウ・ミタス)内、松屋銀座内にも店舗があります。

これらの各店舗で購入できる夏季限定の「キャンディフラッペ」は、なんと常温で持ち歩き可能。というのも、自宅の冷凍庫で冷やし固めていただくタイプなのです。棒は付いていませんが、チューブ状の細長い形で、これも立派なアイスキャンディーの一種ですよね。
「NOAKE」の「キャンディーフラッペ」は遠方への夏の手土産にもお薦め

「NOAKE」の「キャンディーフラッペ」は遠方への夏の手土産にもお薦め


昔懐かしいアイスキャンディーをイメージして作られたという「キャンディーフラッペ」ですが、味の組み合わせは現代的で、「苺にバラ」「みかんとハチミツ、桂花陳酒」「りんごとカモミールティー」「ピオーネとクレーム ドゥ カシス」「白桃とバニラ」という凝ったものが揃います。お酒を使った大人向けの味もあり、素材を組み合わせた重層的な香りが楽しめます。パッケージも高級感があり、女性に喜ばれるフレーバーなので、プレゼントにしたらちょっと粋ですね。円筒形のパッケージに8本入りで、夏場の手土産として遠方にも持っていきやすく、ホームページのオンライショップからの購入も可能です。

冷凍したものを、適当な大きさで割りながらグラスに敷き、スパークリングワインや炭酸水を注いでいただくのも、オシャレなフローズンカクテル風となってお薦めですよ。

<ショップデータ>
「NOAKE TOKYO ノアケ トーキョー浅草店」
東京都台東区浅草5-3-7
電話 03-5849-4256
営業時間 11:00-18:00
定休日 月曜、第2・4日曜
HP: http://noake.jp/

2014年の夏のヒットスイーツを語るうえで、外すことのできない「アイスキャンディー」。色々と食べ比べて、お気に入りを見つけてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。