Xperiaのハイエンドスマートフォンが、ドコモは「Xperia Z2 SO-03F(以下Z2)」、auは「Xperia ZL2 SOL25(以下ZL2)」の製品名でリリースされました。ともに、4Kビデオ撮影に対応した2070万画素カメラ、騒音の約98%をカットするノイズキャンセリング機能を搭載するなど、共通点も多いのですが、ここでは主にハードウェアにおける違いをチェックしていきましょう。

ドコモ「Xperia Z2」とau「Xperia ZL2」

左がドコモ「Z2」、右がau「ZL2」。カラーバリエーションは、いずれも3種類。Z2がブラック、ホワイト、パープル、ZL2がターコイズ、ホワイト、ブラックです。

画面サイズは0.2インチ差

ディスプレイのサイズはZ2が5.2型、ZL2が5.0型。並べてみると、Z2の方が縦に長いのがわかります。

Z2はSONYのロゴとdocomo Xiのロゴ両方が入っています。対するZL2はSONYロゴのみでスッキリとした印象です。前面に配されるロゴは、機種によってキャリア(docomo、auなど)、メーカー、製品ブランドのいずれか、もしくは複数とバラバラです。

背面に目を移しましょう。XPERIA(大文字表記)ロゴはともに背面に表示されています。Z2は強化ガラスで覆われており完全にフラット。方や、ZL2の表面は磨りガラスのような見た目のしっとりとした触感の素材が使われています。デザインに大画面、高スペックっぽさを求めるならZ2、親しみやすさを求めるならZL2でしょうか。

ドコモ「Xperia Z2」とau「Xperia ZL2」

XPERIAロゴはともに背面ですが、処理の仕方が異なります。Z2はガラスの内側に、ZL2は表面に印字されています。ZL2はauロゴがありますが目立たないよう処理されています。


次のページでは、操作性や通信機能の違いなどについて説明します。