新料金プランとVoLTEで音声通話需要を高める

  NTTドコモは5月14日、2014年夏モデルの新背品・サービス発表会を実施しました。先行して新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」(6月1日開始)を発表し大きな話題となったNTTドコモですが、夏商戦に向けては新料金プラン、そして音声通話の新サービス「VoLTE」を中心に据えた取り組みを進めるようです。
ドコモ2014夏

NTTドコモの新戦略の主軸となる「VoLTE」

NTTドコモの加藤薫社長は発表会の冒頭、同社が中期ビジョンとして掲げる「スマートライフのパートナー」を実現する上で、「料金チャネル」「デバイス」「サービス」「ネットワーク」という4つの柱に注力していると話しています。

料金については冒頭でも触れた通り、ライフスタイルに合わせてお得に使える「カケホーダイ&パケあえる」を提供したと話しましたが、これに加えて家族一緒に2台以上購入した人に適用される「ファミリー特割」、10年以上契約している人が対象の機種を購入すると適用される「プレミア10年特割」、そして過去にNTTドコモを利用していたユーザーが他社から戻ってきた場合に適用される「おかえりボーナス」などのキャンペーンを実施することが新たに発表されています。
ドコモ2014夏

新料金プランの提供に合わせた、新しいキャンペーンの提供も発表された

続けて加藤氏は、今回の発表の目玉となる「VoLTE」についても、そのサービス内容と特徴について説明。そもそもVoLTEとは「Voice over LTE」の略称で、要するにデータ通信専用のネットワークであるLTE上で、IP電話の仕組みを用いて音声通話を実現する仕組みのこと。国内ではNTTドコモが初めてサービスを提供し、6月下旬から開始する予定となっています。

VoLTEの特徴の1つは、音質がよくなること。音声を圧縮して転送する仕組みが改良されたことで、VoLTE同士の通話では3Gでの音声通話よりも再生できる周波数帯域が大きく広がることから、特に高音域の女性の声がより鮮明に伝わるようです。
ドコモ2014夏

対応する周波数帯が広がり、特に女性の高い声が鮮明に聞こえるようになる

2つ目は、通話の発着信が従来より早くなること。3Gの場合、発信してから相手が着信するまで7秒前後かかっていましたが、VoLTEでは3秒程度で済み、よりスピーディーな発信が可能になります。
ドコモ2014夏

従来7秒前後かかっていた通話発信が、3秒程度に短縮された

3つ目は通話中のインターネット接続が高速になる“高速マルチアクセス”です。これまでは、LTE対応スマートフォンであっても通話は3Gのネットワークに接続する必要があったため、通話中のインターネット接続も低速な3Gの速度で接続する必要がありました。ですがVoLTEは、通話中もLTEへの接続となるため、従来よりはるかに高速な通信が可能になるのです。
ドコモ2014夏

LTE接続を維持できるので、通話中のインターネット接続も高速になる

そして4つ目はビデオコール、つまりテレビ電話です。VoLTE同士であれば共にLTEでの高速通信が可能となるので、従来と比べはるかに綺麗な映像でのテレビ電話が可能となります。
ドコモ2014夏

従来より高品質でのビデオコールが可能に

今後はLTEからLTE-Advanceへとネットワークを進化させると共に、音声通話を従来の3Gから周波数利用効率の高いLTEへと移行することで、より高速・大容量通信ができる快適なネットワークを実現。それにより、空間を超えたフェイスツーフェイスのコミュニケーションを促進したいと、加藤氏は話しています。

ちなみに加藤氏は発表会の最後に、「最高のコミュニケーションを皆様へ。」と書かれた巻物を掲げ、カケホーダイとVoLTEによる音声通話の魅力を再度アピールしていました。NTTドコモがいかに音声通話に力を入れた戦略をとろうとしているかを、よく見ることができるのではないでしょうか。
ドコモ2014夏

「最高のコミュニケーションを皆様へ。」という巻物を掲げ、音声通話をアピールする加藤社長


次は、「docomo select」や新サービスについて説明します。