本物の質感のあるソファを


アジアンリゾート風スタイルに合う素材のおススメには、籐など編み物系以外でも、自然素材の質感が味わえるソファが挙げられます。特に、木目の美しいチークやマホガニー、ウォールナット、水牛の皮革、石などはリゾート風のインテリアに良く合い、本物の持つ上質なグレード感も出てきます。
木の質感が贅沢なタイのホテル

木の質感が贅沢なタイのホテル


アクタスのSION という名前のソファ。すっきりとしたフォルムで、マホガニーをフレームに使った高級感のあるソファ。(画像:アクタス)

アクタスのSION という名前のソファ。すっきりとしたフォルムで、マホガニーをフレームに使った高級感のあるソファ。(画像:アクタス)

チーク材やマホガニー材は、木目がくっきりとした木材で、アジアン風だけでなく、他のインテリアイメージにも良く使われています。
モダンなアジアンリゾート風に用いる場合には、すっきりとした直線的なデザインが良いでしょう。

反対に土っぽい民芸風をぐっと出すのであれば、荒い削りの素朴なデザインのソファを空間のアクセントとして選んでも面白いですよ。その場合には、他のインテリアアイテムが素朴になりすぎないように注意するといいでしょう。

 

極シンプルなデザインのソファなら、アジアンリゾート風でもOK。シンプルだからこそ、貼り地の素材感は良く吟味して。アクタスのVITESSE というソファ。(画像:アクタス)

極シンプルなデザインのソファなら、アジアンリゾート風でもOK。シンプルだからこそ、貼り地の素材感は良く吟味して。アクタスのVITESSE というソファ。(画像:アクタス)

比較的いろいろなインテリアイメージに合わせることができるのが、麻や綿素材を使ったシンプルなデザインのソファ。アジアンリゾート風のインテリアにもよく合います。それだけでは、アジアらしい雰囲気が弱いので、小物や他の家具との組み合わせがポイント。ラグや小物、絵画にはアジアらしい雰囲気のものを飾る、大きな観葉植物などを置くなど、部屋のデコレーションを十分にしていきましょう。

 
アジアンリゾート風のインテリアは、のんびり、ゆったりとした時間が流れるリゾート気分を家でも実現したい方にススメのインテリアです。なかなか旅行に行けないときでも、家でお気に入りのソファに座りながら、こんなリゾート風の雰囲気を楽しんでくださいね。

【取材・画像協力】
a.flat
アクタス
ワイス・ワイス
【関連ガイド記事】
個性的!アジア+西洋ミックスのインテリア
ベランダは第2のリビング!@上海
アジアンスタイルでリゾート気分
 大人のシックな、アジアンスタイル






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。