アジアンスタイルのリビングでは、寛ぎの時を過ごすソファ選びも大事なポイントのひとつ。今回はアジアンのリゾート風インテリアにぴったりなイメージのソファをピックアップしてみましょう。

【関連ガイド記事】
アジアンスタイルの作り方のポイントはこちらでチェックを。
「アジアンスタイルでリゾート気分 」


モダン+アジアンなインテリアが主流

アジアンスタイルはバリやタイ、ベトナムといった東南アジアのライフスタイルをイメージしたインテリアスタイル。そこでの生活をそのまま体現したような素朴なインテリアから、リゾートホテルで見かけるようなモダンで洗練されたアジアンスタイルなど、アジアンスタイルといっても様々なイメージがあります。最近は後者のようなモダンなアジアンスタイルを好む方が増えているようです。


モダンな感じにするには、デザインはシンプルにするのが基本。そこにアジアといった地域性を踏まえ、自然素材を上手に加えていきましょう。海辺の解放感のあるイメージならば明るく、落ち着いた隠れ家風リゾートなら、シックなイメージでまとめるといいですよ。
 

ナチュラル感たっぷりの編み系素材

空間に占める割合が大きく印象に残りやすいソファには、自然素材を使ったアイテムを積極的に取り入れたいもの。東南アジアでの家具などの材料として、真っ先に思い浮かぶのは籐(ラタンともいいます)など植物繊維を編んだもの。ソファや椅子には良く使われる材料です。
まさに明るく開放感たっぷり、リゾート気分に浸れるリビングです。ワイスワイスのPURR シリーズのもの。画像:ワイスワイス)

まさに明るく開放感たっぷり、リゾート気分に浸れるリビングです。ワイスワイスのPURR シリーズのもの。画像:ワイスワイス)


上は籐のナチュラルな色合いを生かしたソファ。ナチュラルの色と貼り地の白の組み合わせが、明るく眩しいほどの太陽の下、プールサイドで寛いでいるような雰囲気のリビングになっています。デザインも直線的でモダンでシンプル。使っている籐が上質で繊細なため、ワンランク上のクラス感を感じます。

a.flatのアジアン・ヒヤシンス・ソファです。のんびりとお昼寝したいカウチ(画像:a.flat)

a.flatのアジアン・ヒヤシンス・ソファです。のんびりとお昼寝したいカウチ(画像:a.flat)

同じ植物繊維を編んだものでも、植物の種類によって表情が変わってきます。右のソファはウォーターヒヤシンスという水辺に生育する植物を使ったもの。籐に比べて繊維が太く素朴な表情になってきます。洗練された繊細さというよりも、力強くぬくもり感のあるインテリアに合いそうです。

こういったソファは片側にアームと背もたれのあるカウチタイプと呼ばれます。こんなソファがあるだけで、アジアンな雰囲気になりますね。ちょっと横になるにも便利ですが、商品によっては他のソファと組み合わせてL字型の配置などにも対応できます。

 

次ページではシックで大人っぽいアジアンリゾート風のソファをご紹介しますね。
シックなアジアンリゾートはダークカラーを>>