2011年創業『ベビエーター』の誕生秘話とは?

Owner

ベビエーター創業者の4人。学生時代からの友人です

『ベビエーター』の創業者のひとりであるテッド・フィニングはアメリカ海軍のパイロット。妻のモリーが空軍基地へ訪れたとき、子ども達が親の勇姿を見ようと目を細めて空を見上げているのを見て、「あれ?」と思ったことからはじまります。

パイロットのパパやママは、スタイリッシュなパイロット用のサングラスをしているのに、子どもの目は無防備。その光景を見てモリーが、子どものために、安全で、スタイリッシュで、耐久性のあるサングラスを作ろう!と思いつきます。

そのアイディアをaviator(パイロット)である夫のテッドに伝えると、「それは良いね! そのサングラスはBabiatorsと呼ぼう!」ということで、ブランド名も決定。

大学時代から仲良しのキャロリン&マシュー・ガードのカップルもアイディアに賛同し、2011年に会社を立ち上げました。アビエイタースタイルのキッズサングラスは、瞬く間に人気を博し、2014年米雑誌『Forbes』で、将来有望な100社に選出されているほど。

フレームはゴム製! 耐久性のあるサングラス

sunglass

アビエータースタイルのキッズサングラス『ベビエーター』

キッズ用サングラスなので、とっても子どもに優しい設計になっています。レンズは、99.9%紫外線をブロックするだけでなく、割れても飛び散りません。

フレームも耐久性抜群。子どもが落として、踏んだりすることも想定にいれ、それでも壊れないようゴム製のフレームにしています。子どもがテンプルを握って、びよーんと横に広げても、大人用のめがねのようにフレームの形が崩れないんです。そして、とっても軽いんです! 大きいサイズでも18gしかありません!

保障制度もしっかりしており、購入後、30日以内に商品登録すると、1年間は壊れてしまったときに無料で交換に応じてくれます。

また、子供心をくすぐるサングラスでもあるよう。シンプルだけれどクールなアビエータスタイルのデザインは、あまりサングラスが好きではない7歳の長男も、かっこいいと思ったようで、「これ、欲しい!」と自分から進んでかけていました。もちろん子どもなので気分にもよりますが、自らかける気になるというのは大事ですよね。

■商品データ
商品名:Babiators(ベビエーター)
カラー:6色(ブラック、ブルー、ピンク、レッド、イエロー、ピンク&ブラック)
サイズ:2サイズ(小:0~3歳用、大:3~7歳用)
商品サイズ:小W11×D11×H4.1cm 17g、大W11.3×D12×H4.3cm 18g
価格:3240円
公式サイト:ベビエーター




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。