貯まるのは「SoftBankマネー」

SoftBankカードには2種あります。どちらもクレディセゾンから発行されているものです。基本的なスペックを確認しましょう。

SoftBankカード、SoftBankカードプレミアムの比較

SoftBankカード、SoftBankカードプレミアムの比較


SoftBankカードプレミアムは年会費が1万円と高額ではありますが、年会費支払い時に1000ポイント付与されるので、実質9000円ということになります。還元率が0.5%上乗せで年会費を9000円アップで考えると、年間利用額が180万円以上であればSoftBankカードよりもSoftBankカードプレミアの方がおトクです。

そして、SoftBank携帯電話を利用している方は特に注意していただきたいのですが、SoftBankカードの利用で貯まるのは、携帯電話利用料金の支払いで貯まるソフトバンクポイントではありません「SoftBankマネー」になります。もちろん、SoftBankマネーはソフトバンクポイントに交換できます。交換レートは、「100 SoftBankマネー=100ソフトバンクポイント」になります(※1)。

「SoftBankカード」は電子マネーに強い!

様々な電子マネー

様々な電子マネー

SoftBankカードの最大のメリットは、電子マネーチャージでもSoftBankマネーが貯められるということです。

皆さんが利用しているクレジットカード、電子マネーへのチャージでポイントは付与されていますか? 実は、チャージはできても、ポイント付与対象外とになることが多いのです。また、ポイントが付与される電子マネーの種類がかなり限られていることが殆ど。

SoftBankカードは、モバイルSuica、ICOCA、nanaco、楽天EdyへのチャージでSoftBankマネーを貯めることができます。そうなると、可能になるのがポイント2重取り。

例えば、SoftBankカードで楽天Edyに5000円チャージして、ファミリーマートでTカードを提示して600円(税抜)の買い物をしたとすると、

SoftBankカードチャージポイント(100円につき1ポイント)
⇒ 50 SoftBankマネー(=50円相当)
楽天Edy利用ポイント(200円につき1ポイント)(※2)
⇒ 3ポイント(=3円相当)
Tカード提示ポイント(100円につき1ポイント)
⇒ 6 Tポイント(=6円相当)

が付与されます。ファミリーマートで直接SoftBankカードで支払った場合は、楽天Edy利用ポイントが付与されませんので、一手間かけるだけで0.5%分もおトクになるのです。

>>>ソフトバンク利用者以外でもおすすめのワケとは?