【新商品】 LIXIL

施工性の高いタイル仕上げの門袖 デザインウォール「テグラン」


住宅の門まわりやアプローチのプランニングはさまざま。エクステリアメーカーからは、門扉や機能門柱など、数多くの商品が提案されており、敷地や外観デザインにあわせて、多彩なプランニングが可能です。

LIXILからは、接着剤張りタイル工法を取り入れた乾式構造による新しいスタイルのデザインウォール「テグラン」がTOEXブランドから発売。門扉や外壁との多彩なコーディネートプランが可能な、タイル仕上げの門袖です。

LIXIL

デザインウォール「テグラン」門袖B型 門柱仕様(左)、独立仕様(右) 施工例
 

「テグラン」は、従来のコンクリートブロック施工や湿式タイル張りに比べ、施工性の高い乾式構造を採用したもの。ブロックレス構造なので配筋や配管、ポストやインターホンを取り付けるための切り欠き作業も不要です。施工は、門袖本体を立て、専用接着剤を塗布、タイルを張り付けるだけ。面倒な割付やカットの手間が省けるプレカットタイル(4デザイン12 色)も用意(A型・B型のみ)され、INAXブランドの住宅外装壁タイル(はるかべ工法用)も張付け可能。また、タイル仕上げと塗り仕上げを掛け合わせることもできるため、 デザインの自由度も広がるでしょう。

門袖のスタイルは、敷地や住宅に合わせた3タイプ(テグラン門袖A型・テグラン門袖B型・テグラン門袖C型)。門柱仕様と独立仕様の2種類が揃っています。

「テグラン門袖A型」は、中央にファンクションカバーを配置し、意匠パネルを備えたモダンなデザイン。施工の手間が軽減できるユニットタイプの機能門袖です。「テグラン門袖B型」もA型同様のユニットタイプの機能門袖。ファンクション機能を上部に集約し、アルミ鋳物からアルミ形材門扉まで、合わせやすいデザインです。「テグラン門袖C型」は、門まわりに必要な機能(インターホン、サイン、ポスト)を備えながら、リーズナブルな価格帯の現場組み立て式の機能門袖。ファンクション部分は、使い勝手に応じて左右どちらかに設置可能な仕様となっています。

その他、部材を自由に組み合わてオリジナル門袖がつくれるフリーパーツも揃い、門袖とウォールを直角に組み合わせたL字連結やウォールの連続施工など、オリジナリティの高い門まわりを実現することも可能です。

■詳細情報 LIXIL 



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。