【新商品】 DAIKEN

ドア・床・収納・階段をトータルコーディネート 「hapia(ハピア)」シリーズ拡充


床材や壁材、室内建具や階段などの内装建材は、心地よさはもちろん、インテリアのイメージを左右し、使い勝手にも影響を及ぼす重要なアイテム。最近では、空間全体をトータルにコーディネートできる商品もみられ、選びやすい傾向になってきているといえるでしょう。

DAIKENからは、昨年5月に発売した室内ドア・収納の「hapia(ハピア)」シリーズに、床材や階段などのラインナップを加え大幅に拡充し、新定番シリーズとして発売。豊富なデザインと洗練された色柄で、さまざまなニーズに応えることができるシリーズです。
daiken

ハピアプレミア施工イメージ(銘木ウッド調)

「hapia(ハピア)」シリーズは、インテリアのトレンドに対応した柄・デザインで上質な空間を演出する、室内ドア・収納の新しいシリーズとして昨年より提案されたもの。今回は、ドア・収納とコーディネートしやすいシート化粧床材や階段等のラインナップを追加、また、ドア・収納のラインナップを大幅に拡充することで、空間をトータルに検討することが可能となった建材商品です。

daiken

ハピアプレミア施工イメージ(グロス調)

さまざまなイメージに対応できるだけでなく、検討しやすくするため、価格帯に応じ、hapia premier(ハピアプレミア)とhapia basis(ハピアベイシス)の2つのグレードを用意。

たとえば、hapia premierは、室内ドア12色柄9デザイン、床材19色柄、階段9色柄、収納12色柄。本物の木のような素材感の銘木ウッド調、重厚感のあるレザー調のドア、鏡面仕上げの石目柄の床材などが揃っています。

また、hapia basisは、室内ドア6色柄37デザイン、床材6色柄、階段8色柄、収納6色柄をラインナップ。従来の主力ドア製品から好評の6色柄、新しいニーズにも対応した37のドアデザインとのコーディネートで、さまざまな好みに対応することができるものです。

daiken

ハピアベイシス施工イメージ

その他、最近では、在室している気配を感じることができる居室(個室)扉へのニーズが高いことから、プライバシーを守りながら明かりで在室していることを確認できる細いスリットを用いたデザインも提案。よりシンプルでモダンな「和」の空間をご提案できるドアデザインなども拡充されています。

開き戸タイプでは、握りやすく袖がひっかかりにくい「スマートレバーハンドル」を標準仕様に。使い勝手や安全性だけでなく、台座が目立たずスタイリッシュなデザインも特徴でしょう。引き戸タイプは、指先がひっかかる手がかりがついた新タイプの引手を採用され、引き戸を閉める際には扉をゆっくりと引き込み、しっかりとキャッチして扉を確実に閉める、開閉機構「両側ラクラクローズ」も標準仕様に。開く際には、勢いよく開いた扉が枠に当たって跳ね返るのを防ぐことができるものです。

■価格の目安(税別)
<hapia premier(ハピアプレミア)>
・室内ドア:58,200円/SET(片開きドア・0Pデザイン780幅×2000高 スリム枠148)~ 
・床材:28,000円/梱(6枚・3.3平方メートル)~ ※8,490円/平方メートル~
<hapia basis(ハピアベイシス)>
・室内ドア:43,600円/SET(片開きドア・00デザイン780幅×2000高 固定枠154)~
・床材:26,000円/梱(6枚・3.3平方メートル)~ ※7,880円/平方メートル~

【詳細情報】 DAIKEN 


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。