ラグビー最大の得点手段
「トライ」と「ゴール」

ラグビーには、いくつかの得点方法があります。その中でもっとも大きい得点となるのが、「トライ」です。

トライとは、相手陣の最後方にあるインゴールと呼ばれるエリアにボールを着けるプレーで、トライを取ったチームは5点を獲得します。ラグビーはトライを取り合うスポーツであり、華麗なステップで相手をかわしたり、強烈なコンタクトで相手を吹っ飛ばしたりしてインゴールに飛び込むプレーが、一番の見どころと言えます。

なおトライを挙げたチームは、トライした地点からタッチラインと平行な架空の線上の好きな位置から、ゴールキックを狙うことができます。これが「ゴール」(コンバージョンキック)で、ラグビー特有のH字型のポールの間とバーの上のエリアをボールが通過すれば、さらに2点が加わります。

インゴールの真ん中にトライをすれば、その後のコンバージョンキックも決めやすくなります。一方、タッチラインに近い両端の位置にトライをすると、距離が伸びて角度もつくため、キックは難しくなります。そのため、トライをする際はどのチームもできるだけ真ん中に近いエリアにしようと試みます。

ちなみに、なぜ「トライ」という名前になったのかというと、創成期のラグビーではトライをした後、ゴールキックを成功させることで初めてスコアになっていました。「ゴールキックを狙える権利を得るプレー」ということから、トライの名がつけられたのです。

その後、ゴールキックよりもトライそのもののほうがおもしろく、また競技性においても価値があるということから、トライ自体が得点となりました。そしてその割合も時代とともに増え、現在の5点となったのです。

キッカーの一番の見せ場
「PG」と「DG」


トライ、ゴール以外の得点方法としては、ペナルティ(重い反則)があった場合に、反則をしたチームの相手側がゴールキックを狙う「ペナルティゴール」(PG)があります。PGは反則が起こった地点からタッチラインと平行な架空の線上の好きな位置から蹴ることができ、成功すれば3点が入ります。

また通常のプレー中に、ボール保持者がボールを地面にワンバウンドさせてキックし、ゴールを成功させると、3点が入ります。これがドロップゴール(DG)です。DGはフィールドのどこからでも蹴ることができますが、相手もそれを阻止しようとしてくるので、プレッシャーを受けながらのキックとなります。そのためPGに比べ難しく、滅多に見ることができない珍しいプレーです。

実力が拮抗したタイトな試合になると、どちらもなかなかトライが取れず、いかにPGやDGでスコアを重ねられるかが、勝敗を分ける重要なポイントとなります。PGやDGは貴重な得点源であり、50メートル近いロングキックや、角度のある難しい位置からのゴールキックはキッカーにとって一番の見せ場と言えます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。