高さとスロー技術を駆使した空中戦
「ラインアウト」

スクラムのように、一旦途切れたプレーを再開する際に行われるプレーを、ラグビーでは「セットプレー」と呼びます。スクラムと並んで試合で頻繁に起こるもうひとつのセットプレーが、「ラインアウト」です。

ラインアウトは陣地を取るためにボールを蹴り出したり、エラーによってボールがグラウンド両サイドのタッチラインの外に出た時、ゲームを再開する際のプレーです。ボールが出た場所を起点にしてゴールラインと平行に両チームの選手が並び、その間にまっすぐボールを投入して、両者が奪い合います。

投入権を持つのは、原則的にボールを蹴り出した側と反対側のチームです(ペナルティキックから直接タッチに蹴り出した場合は、蹴った側のチームが投入権を持ちます)。投入する側は、投げる位置やタイミングを自分たちで決められるので有利ですが、ここにもコンテストがあり、うまく相手の投入を読んでボールを奪えば、大きなプレーになります。

空中にあるボールを争奪するので、ラインアウトでは当然背の高い選手が有利です。一方で、タイミングやスローイングの精度によっても、獲得率は大きく左右されます。並ぶ人数を変えたり、投げる位置やボールの種類(早いボール、山なりのボールなど)を変えたりするなど、ここでも様々な駆け引きが起こります。

ラインアウトは多くの場合、FWの選手が大勢参加するので、スクラムと同様にグラウンドに大きなスペースが生まれます。そのぶん、ボールを確保できれば攻撃のチャンスが広がります。

ラグビーを象徴する激しい身体衝突
「タックル」

tackle

激しいタックルはラグビーの醍醐味

ラグビーでは、相手の攻撃を止めるために自分の体を使って阻止します。その代表的なプレーが「タックル」です。

タックルは基本的に、相手の胸から下の部分に自分の肩などを当てて、相手を倒します。大きく、パワーのある選手が有利ですが、タックルに入るスピードやタイミング、入る位置によって、体が小さくても大きい相手を倒すことができます。

なぜタックルをするかと言えば、ラグビーには「地面に倒れた選手はボールを離さなければならない」というルールがあります。ですからタックルで相手を倒すことができれば、守備側もボールを奪うチャンスが生まれます。

激しい身体接触が起こるタックルは、まさにラグビーを象徴するプレーです。相手を仰向けに倒すような勇敢なビッグタックルには、トライをした時と同じように、大きな歓声や賞賛の拍手が起こります。

コンタクト後のボール争奪戦
「ラック」と「モール」

ruck

地面にあるボールの上で組み合うのがラック

タックルが起こり、ボール保持者が地面に倒されると、プレーヤーはボールを離さなければなりません。その際、地面にあるボールを奪い合うプレーが、「ラック」です。

簡単に言えば、ラックとは地面にあるボールの上で、両チームの選手が組み合って押し合うプレーです。ただし、地面にあるボールを手で扱うことはできません。押し込んだり、足でかき出したりすることで、ボールを確保します。

一方、ボール保持者が相手とコンタクトした後、立った状態で3人以上(攻撃側2人以上、防御側1人以上)が塊になって押し合うプレーを、「モール」と言います。

maul

ボールを手にしたまま敵味方が塊となって押し合うのがモール

ボールが地面にあり、手で触ることができないラックと違って、モールは攻撃側が立ってボールを保持するため、押し込んで前進することができます。このプレーは「ドライビングモール」と呼ばれ、特にゴール前のラインアウトからのドライビングモールは、多くのチームにとって重要な得点源となっています。