落札相場をリサーチしよう

ネットオークションを利用する目的のひとつは、いい商品を安く買うことです。それは新品かもしれませんし、中古かもしれませんが、一般市場よりも価格が安く設定してあるのは同じです。ただし、ここで気をつけるのは、オークション市場にも相場があるということ。

オークションの場合には「落札相場」になりますが、ヤフオク!の場合には、キーワード検索をしたときに直近90日の落札価格の表示が可能になりました。
ここで実際に検索をしてみましょう。「ポーター ビジネスバック」で検索をしてみます。そうすると商品が表示されて、その上の部分に「落札相場を調べる」があります。

ヤフオク!のページ

ヤフオク!のページ

これをクリックすると、過去90日に落札された商品が表示されます。

直近90日の落札価格が表示される

直近90日の落札価格が表示される

さらに商品を絞り込む場合には、検索窓にキーワードを入れればOKです。


落札相場を知ると適切な価格で落札できる

落札相場を知ることによってオークション市場での適切価格で入札することができます。たとえば、先ほどのポーターのビジネスバックでも、相場がわかっていれば最初からその相場で入札をしておくことができます。これは、終了間際に入札ができない人の入札方法でもありますが、終了間際の競争を避けることにもつながります。

もし相場の価格で落札ができないとしても、一定の相場を保っている商品であれば、次の商品を狙うことができます。ただし、出品数が極端に少ないモノや瞬間的に人気になった商品などの場合、過去90日の落札相場が参考にならない可能性があります。出品数が少ないと落札価格の平均がとりにくくなりますし、瞬間的に人気商品になったものは、直近の価格の影響が大きくなります。それに、人気の熱が冷めていくと同時に価格も下がっていくので、相場の平均というよりも価格が右肩下がりになってきているかどうかを調べた方がいいと思います。


落札相場がわかると落札の確率を上げることができる

オークションは、一番高値で入札した人が落札ができる仕組みなので、自分の入札額が低いと落札ができない可能性があります。でも、落札相場を知っていれば、その前後で入札ができるので、落札の確率を上げることができるのです。

ただし、落札相場はニーズやタイミングによって動くので、その価格で入札しても必ず落札できるとは限りません。もしどうしても落札をしたい場合には、相場よりも高い価格で入札をしておくか、あるいは終了間際までオークションを見ていた方がいいでしょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。