国際ローミング契約

自分のスマホを海外でも使えるように、日本で契約している通信社の国際ローミングサービスに加入することで、提携先の韓国の通信社のWi-Fiを利用できるようにする方法です。メリットは自分の携帯をそのまま使えること。出発前に日本語で契約手続きができること。

デメリットとしては、料金が割高であること。例えば20万パケットまで1日最大1980円、どれだけ使っても最大2980円という使い放題のもの、また1日最大1480円、専用アプリをダウンロードすることで、特別に紙上での契約が不必要なものなど、会社により値段も種類も様々です。ご自分の利用通信社の国際ローミングサービスがどのようなものか、一度確認してみるといいですね。

また、この方法の場合、現地で国際ローミングの設定が確実にできているか確認することが大切です。うっかり設定をし忘れて使い始めると、思いもよらなかった金額を請求されるということになりかねません。ガイドもスマホを使い始めてまだ数日、スマホ事情自体をまだよく把握できていなかった頃、海外旅行にいったのですが、現地で数回ネットにつないだだけで、かなり高いローミングチャージの請求があり驚いたことがあります。皆さんもご注意くださいね!
 

韓国のスマートフォンをレンタルする

ソウルのWi-Fiを使うなら、韓国のスマホが手っ取り早い!?日本語設定さえしてあれば、なかなか便利な方法です

ソウルのWi-Fiを使うなら、韓国のスマホが手っ取り早い!?日本語設定さえしてあれば、なかなか便利な方法です

面倒な手続きはいっさい省いて、韓国の携帯電話をそのままレンタルする方法もあります。韓国の携帯電話なら、Wi-Fiエリアではどんどん繋がっていくのが便利なところ。ただ、自分の携帯でないため、使い勝手がよくなかったり、慣れるまでに少し時間がかかったり……という不便さも。韓国語のまま渡されては困りますので、カウンターで日本語の設定まではお願いしてから受け取ることをおすすめします。料金は韓国大手のKTだと、スマホが1日レンタル料として2700ウォン、LTG/3G無制限利用1日4500ウォン、合計7200ウォン、と負担にならない料金なのも旅行者にとっては嬉しいところです。
 

Wi-Fiをキャッチしやすい場所とは?

公共交通機関をはじめ、カフェやレストランでもWi-Fiマークがあればちゃんと使えます!

公共交通機関をはじめ、カフェやレストランでもWi-Fiマークがあればちゃんと使えます!

さて、 Wi-Fiの利用環境を整えたなら、いろいろな場所で Wi-Fiをキャッチできるようになります。韓国では、地下鉄の構内でもネット検索ができますし、カフェ、レストランなどでも、もちろん使えます。特に大手チェーンカフェショップでは、絶対に Wi-Fi 使えます!ただし、パスワード入力が必要な場合もあるので、繋がらないな、と思ったら、와이파이 어떻게 연결하나요?(ワイパイ オットケ ヨンキョル ハナヨ?/ワイファイにつなぐにはどうしたらいいですか?)と、お店の人に確認してみましょう!

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。