オークション終了時間は週末の22時~24時がおすすめ

オークションに出品するとき、けっこう迷うのが「終了時刻」です。いったい何時に終わらせればいいのですか?とよく聞かれるので、多くの人が戸惑うのでしょう。

結論からいうと、週末の22時~24時の間に設定するのがおすすめです。

まず週末に設定する理由は、オークションでの取引が多くなるからです。下のグラフを見てください。これはオークションの落札データを持っているオークファンの資料ですが、取引金額が一番多いのは日曜日。ダントツです。

曜日ごとの取引額。出典:オークファン

曜日ごとの取引額。出典:オークファン


時間に関してもオークファンの資料を見てみましょう。
22時~24時の間でもっとも取引金額が増えています。

時間ごとの取引額。出典:オークファン

時間ごとの取引額。出典:オークファン

これをお店で考えてみると、閑散とした場所に出店するのか、それとも週末の混雑したショッピングモールに出店するのかという話になります。オークションの場合には、終了時間近くになると入札が入る傾向が強いので、混雑してお客さんが殺到しているところに商品を並べるのと同じ効果が期待できます。


なぜ週末の夜が多いのか?

週末の夜に取引が集中するのは、この時間帯が一番オークションに参加しやすいからです。週末には仕事が休みになる人が多いので、気兼ねなくオークションを覗くことができます。また夜に集中するのは、食事やお風呂のあとのちょっとした時間にオークションを見ようという人が増えるからです。

一方で、多くのユーザーがこの時間帯を終了時間にするために、必然的に取引が増えるということもあります。以前から、オークションの終了時間は週末の夜というのが定説だったので、ここに終了時間を合わせてくるのです。


商品によって終了時刻を変えるのもアリ

取引が多くなるのは週末の夜ですが、商品によっては終了時間をずらしてもいいと思います。たとえば、犬の服。これは夜中の2時~4時にするといいと聞いたこともあります。理由は、ホステスさんが仕事が終わってからオークションを見て落札をするから。

また、OLさんやサラリーマンをターゲットにするならば、通勤時間を狙ってもいいでしょう。主婦だったら、日中の時間が空くタイミングでもいいのです。要は、ターゲットに合わせて終了時間を決めていけばいいわけで、終了時間に絶対的な答えはありません。ただ、あくまでデータを見ると週末の夜が最も取引が盛んになるので、そこに設定しておけば無難というわけです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。