イラストや料理レシピなどが何でも売れる時代

趣味や嗜好が多様化している社会では、意外と思われるものでも売れることがあります。たとえば自分の趣味が作曲なら、作った曲を売ることができますし、写真が趣味なら撮った写真を、あるいは料理のレシピを、ハンドメイドで作った創作物など、何でも売ることができます。

では具体的にどうやって売るのか?

たとえば写真撮影やイラストが趣味であれば、「ピクスタ」や「フォトライブラリー」というウェブサービスを利用して販売することができます。ピクスタは11万人、フォトライブラリーは4万人以上のクリエイター(プロ・アマ含む)が活動しています。
いずれも売れた分に応じて手数料を差し引かれるシステムですので、リスクゼロです。登録は無料ですが、簡単な審査があります。

イラストも、プロ顔負けの制作環境が整っています。最近のペンタブレットは1万円以下から購入することができ、イラストやコミックを制作できるソフトも同梱されています。

作曲が趣味なら、たとえば日本最大級の楽曲販売サイト「muzie」で自作の曲を配信することができます。こちらも販売額から手数料を差し引いた残りが自分の収益となります。

その作曲も、DominoやMusicScoreという無料DTMソフトがありますので、お金をかけずに楽曲を作ることができます。

歌声を入れたい場合は、こちらは有料ですが、「ボーカロイド」というソフトを利用することで、人工的に歌声を合成して曲に乗せることができます。有名な「初音ミク」や「巡音ルカ」も合成音声の一種です。

手芸やクラフトなど、ハンドメイドが趣味を持っているなら、日本の「iichi」「minne」「Creema」「tetote」「cooboo」を始め、販売サイトはたくさんあります。刺繍、彫刻、陶芸、水墨画、版画、切り絵、ステンドグラス、プリザーブドフラワー、折り紙などなど、あらゆる創作趣味をカバーしてくれます。

ただし、いずれもプロ・アマが混在しているので、自分のレベルと掲載されている商品とのクオリティ差があまりないほうが売りやすいかもしれません。

自分の趣味と実益を兼ねて小遣い稼ぎができるというのは非常に魅力的であり、現代はそんな個人の活動をサポートしてくれるサービスが整った、素晴らしい時代ではないでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。