「夫婦の会話の悩み」の原因は「雑談力」不足

140201

夫婦で「雑談」ができていますか?

私の主宰する「恋人・夫婦仲相談所」には、毎日多くの「夫婦のコミュニケーション」に関する相談が寄せられます。その中でも「夫婦の会話」に関する悩みは、いつもベスト3に入る「鉄板相談」。

多くの方が抱える「夫婦の会話」の悩みといえば「会話する時間が少ない」「話題がない」「会話が盛り上がらない」「旦那様がしゃべってくれない」など。実はそれらの原因は「雑談力」にあるのです。そこで今回は夫婦間の「雑談力」について考えてみましょう。
 

「雑談力」が大切なのはビジネスの時だけじゃない

「雑談力」といえば、斎藤孝先生のベストセラー『雑談力が上がる話し方』を思い出す方が多いでしょう。これは、初対面の方と「雑談」ができれば、オフィスやご近所など様々な場面で気軽に相手と打ち解けることができるという、「雑談のもたらす効果」を具体的な方法とともに説いた著作。発売から4年近くたった今でもアマゾンの「ベストセラーランキング」の「常識・マナー」ジャンルで1位にランクインしています。

ビジネスの際、商談に入る前にちょっとした雑談ができると、その後の話の展開がしやすくなることは、営業や接客の業務を経験したことのある方ならきっと実感したことがあるでしょう。

また仕事上でなくても、マンションのエレベーターを待っている時に顔見知りママに会った時、公園で見知らぬママと子供の遊ぶ砂場に居る時、あるいはあまり親しくないママと病院の待合で一緒になった時など、無言でいるのは気まずい場面は、日常でもよくあるはず。「雑談」はそんな場の空気を和ませ、相手に好感を与えることのできる大切なテクニックなのです。