ローンを利用して家を買う場合、お金を借りられるかどうかわからないままに、家を買う決断をできる人はいないでしょう。立場が変わって、あなたが売主だったとしても、きっと同じ。資金計画に不安のある人を契約の相手に選びたいとは思わないはずです。

早く安心したい買主売主と金融機関の事情

金融機関は正式な融資承認を出せない事情がある

金融機関は正式な融資承認を出せない事情がある

いずれの立場にしても、「売買契約を結ぶ前に、住宅ローンを借りることができるかどうかを確定させたい」と思うのが自然です。普通だったら、お金のメドもたたないままに「家を買う」約束なんてできないでしょう。もちろんお金のメドも立たない人に「家を売る」約束をするのも不安ですよね……。

ところが、金融機関から融資可否の返事「融資承認」をもらえるのは契約の後になってからと決まっています。理由は、住宅ローンの申し込みには、原則として売買契約書等が必要だからです。金融機関サイドにしても、売買契約書等の書類がない状態で、正式な「融資承認」は出せないという事情があるのです。

便利な事前審査

実際の取引では「事前審査」が利用されている

実際の取引では「事前審査」が利用されている

本来であれば、売買契約に先立って、資金計画を万全なものにしたい! しかし、いわゆる「融資承認」は、売買契約の後にしかとれないため、それが叶いません。そこで、実際の取引の場面では、「事前審査」が利用されています。

「事前審査」は、まだ正式な書類を出せない段階、つまり売買契約よりも前の段階で、金融機関に「住宅ローンを借りられるかどうか」を打診するものです。「事前審査」の申し込みにあたっては、書類等の記入は必要ですが、提出書類は身分証明書のコピーだけといった簡易な形式も。気軽に利用できるため、取引を手堅くまとめたい不動産業者の勧めで利用する人は多いようです。

もちろん、事前承認は仮の承認にすぎません。先にも書いたとおり、あくまでも正式な融資承認がとれるのは売買契約よりも後。それでも、何もわからない状態のまま、売買契約を結ぶ場合に比べると、安心感がグンと増します。買主にとってはもちろんのこと、売主にとっても安心の拠り所となるため、利用する価値は大きいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。