柴又帝釈天の紅葉は渡り廊下から見よ

紅葉スポットの取材をしていてつくづく思うのが、「一番いい時期」に見に行くことの難しさだ。早すぎてまだ色づいていなかったり、あるいは遅すぎて、葉が散ってしまっていることもある。そこで、そこで、ちょっとくらい時期を外しても「見方や角度」を工夫して楽しめばいいのではないか?
ということで、本稿を書くことにした。

たとえば、雨の降っている日に紅葉が見たいと思ったら、柴又帝釈天に出かけてみるのはどうだろう。
紅葉に限らずどんな季節もいい

こういう渡り廊下を歩きながら庭園を鑑賞できる

日本庭園を鑑賞するには入館料が400円ほどかかるけれど、その価値はある。こんな感じで、渡り廊下から紅葉を見ることができる。
室内から紅葉を見るというのも粋な感じがする

こんなかんじで紅葉を見ることができる

廊下を歩けば、いろいろな角度からモミジを見ることができる。
室内からこうして見ると雰囲気も違ってくる

見事な紅葉に思わず見とれてしまう

こちらも室内から池のほとりにある紅葉を鑑賞。これもいいねぇ。
心が落ち着く日本庭園

池と紅葉というのはいい組み合わせ

同じ紅葉でも、見方を変えるといいかんじになるわけですね。

(以上4点は2010年11月22日撮影)