ウィーンの冬の風物詩、クリスマスマーケット

ホットワインのスタンド

ウィーンの冬の名物のクリスマスマーケット。観光客だけでなく、地元客にも大人気!

ウィーンでは11月中旬からクリスマスまでの時期にかけて、クリスマスマーケットが開催されます。クリスマスマーケットとはドイツ語でWeihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)もしくはChristkindlmarkt(クリストキンドル・マルクト)と呼ばれ、クリスマス関連のグルメやクリスマスグッズ等を販売しているマーケットイベント。アルプスの山小屋を模した賑やかな屋台がずらりと並ぶ中、ホットワインのカップを片手に軒を連ねたお店を見て回るのがその醍醐味です。リンク沿いのラートハウス(市庁舎)前の広場やシェーンブルン宮殿の前庭など、ウィーンの主要な観光名所やストリート上に毎年出現するので、この時期にウィーンを訪れる人は要チェック。今回はこのクリスマスマーケットの様子を、開催地一覧と共にご紹介します!

クリスマスマーケット名物、ホットワインとプンシュ

プンシュ

ホットワインやプンシュ用のマグカップ。クリスマスマーケットごとに毎年デザインが異なるのでコレクターもいる

クリスマスマーケットで味わえる代表的なドリンクといえば、ホットワインとプンシュ。ホットワインとはドイツ語でGlühwein(グリューヴァイン)と呼ばれるアルコール飲料で、焦がしたザラメのお砂糖と赤ワインをお鍋に注ぎ、オレンジピールやシナモン、クローブ等のスパイスと共に沸騰させない程度まで温めたもの。

一方プンシュとはフルーツ入りの温かいカクテルのこと。オーストリアのクリスマスには、ホットワインと並んで欠かせない代表的な飲み物です。水(もしくは紅茶)、砂糖、お酒、ライム果汁、スパイスをベースに、ラズベリーやオレンジなどのフルーツやチョコレート等で味付けされており、クリスマスマーケットでは実に様々なフレーバーを選ぶことができます。またキンダープンシュというアルコールフリーのお子様用ドリンクも必ず販売されているので、お酒を嗜まない人はこちらをどうぞ。

どちらもクリスマス前後の時期にしか味わえないドリンクですので、ぜひ一度は飲んでおきたいところ。ただし甘めで口当たりも良いため、思わず度を過ごしてしまわないようご注意を!

クリスマスマーケットで買うお土産

クリスマス・マーケットのオーナメント

屋台で売られているクリスマス用のオーナメント。お土産にぜひ!

ホットワインやプンシュで体を温めたら、次は屋台を見て回りましょう。クリスマスマーケットではツリーや家に飾るオーナメントをはじめ、美しいデコレーショングッズやアクセサリーなどが多数販売されています。ウィーンの情緒たっぷりのお土産を探している人には、まさにうってつけと言えるでしょう。ただ観光客が多いイベントの常として、スリが多発していますので、くれぐれも貴重品にはお気を付け下さい。

クリスマスマーケットを楽しむには……防寒対策をしっかりと!

ウィーンは北海道と同程度の緯度上にあり、クリスマスの時期はかなり底冷えするのが特徴。クリスマスマーケットがいっそう賑やかになるとともに風情が出るのは、何といってもイルミネーションの煌めく夜です。せっかくのクリスマスイベントを楽しむのに凍えてしまっては元も子もありませんので、防寒対策はしっかりととっておきましょう。温かいニット帽、マフラー、手袋は必携ですし、寒がりの方でしたらカイロも持参した方が良いでしょう。また足元からしんしんと寒さが伝わってきますので、お洒落用ではなく、底が分厚く保温効果の高い防寒用ブーツをお勧めします。

次のページでは人気の高いクリスマスマーケットを紹介します!