シニアコンin銀座

photo1

映画「くじけないで」とシニアコンのコラボレーション

大人気の趣味コンをシニア世代でも……ということで、男女計45名(最高齢:男性86.1歳、女性82歳)が集い、第一部では映画くじけないでを鑑賞。第二部では飲食店にて交流会が行われました。

参加目的についてアンケートしてみたところ、1位:映画、2位:友人探し、3位:パートナー探しという結果に。みなさん映画に関心が高かっただけあり、映画に共感できた人が全体の87.8%、映画を観て前向きになれた人が85.3%もいました。そして第二部の交流会を含めて、またシニアコンに参加したいかをうかがったところ、全体の97.5%の人が「また参加したい!」と答えたのです。

それではどうして参加者たちは「また参加したい!」と思ったのでしょうか?

人生は、いつだってこれから

photo3

落ち着いた雰囲気でありながら話が盛り上がります

イベント後、参加者のみなさんに感想をうかがってみると……

・同世代の人たちと映画について話したり、お酒を飲んだりしてとても楽しかったです(59歳女性)
・みなさん人生巧者! 想像していたより面白く充実していました!(66歳女性)
・お茶ではなくお酒が入った交流会は初めて。老人会に参加するより刺激があって面白かったです(80歳男性)

なんと、20~30代を対象に行う街コン参加者と、そう変わらぬ回答が得られたのです。

以前のシニアコンでも60代の男性が女性を口説き、そのまま二次会へと流れて行く姿も目にしましたから、改めて人はいくつになっても恋をするものだと感じさせられます。

つまり若者に限らず、シニア世代も出会い(友人作り)を求めているのです。