ひとつ解決したと思ったらふたつ謎が増えるような展開のストーリー

作品名
ドロヘドロ

■作者名
林田球

■連載雑誌
月刊IKKI

■ストーリー
魔法使いによって頭を爬虫類に変えられ、記憶を失った男、カイマン。
カイマンは自分の頭を元に戻すために、友人のニカイドウと共に魔法使い狩りをはじめる。

■おすすめの理由
キャラクターはほのぼの系。
だけど絵柄はグロテスク。
ストーリーはダークファンタジー。

それぞれが絶妙なバランスでミックスされており、強力なオリジナリティをつくりだしている作品です。

エグい描写も多いのですが、さらっと描いてるのでなんだか手品を見ている気分。
読後感は意外とすっきりして、気持ち悪さがあまり残りません。
「ギャシュリークラムのちびっ子たち」みたいな作品が好きな人にオススメです。

とにかくストーリーが謎だらけで、ひとつ解決したと思ったらふたつ謎が増えるような展開です。
とくに登場人物が出そろい、ストーリーが進む後半あたりからぐっとおもしろくなってきます。

現在既刊18巻で、もうすぐ最終回。
終わってしまうことが少しさみしくもあります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。